ピコトーニングの効果はいつから?施術間隔やダウンタイムも解説

本ページはPRを含みます。


       

ピコトーニングとは、ピコレーザーを使った照射方法の1つです。低出力のレーザーを超高速で満遍なく照射することで、痛みやダウンタイムもほぼなく、シミやそばかす、肝斑などの症状を徐々に改善していく治療法です。この記事では、ピコレーザーの効果やダウンタイム、施術間隔、頻度や副作用を解説します。

この記事の監修医師
■経歴
国立香川大学医学部医学科卒業
社会医療法人財団大樹会総合病院回生病院
高松赤十字病院
香川大学医学部附属病院
湘南美容クリニック大宮東口院、新宿南口院、銀座院
西荻窪皮膚科・美容皮膚科クリニック開業
目次

1.ピコトーニングとは機器名ではなく照射モード

ピコトーニングとは、ピコレーザーを使って低出力のレーザーを照射し、肌全体のメラニンを徐々に減少させる美容医療の施術です。
つまり、機器の名前ではなく「照射モード(方法)」なのです。

ピコトーニングは、気になるそばかすや年齢とともに増えていくシミに対して、メイクではうまく隠せない、なかなかホームケアで対処できないという方や、痛みやダウンタイムがほぼない治療法を探しているという方に向いた治療です。

従来、シミの除去にはナノ秒(10億分の1秒)単位で照射できるQスイッチレーザーが用いられてきました。

一方、ピコレーザーは、ナノ秒よりも照射時間の短いピコ秒(1兆分の1秒)単位で照射が行えるレーザー治療器です。

 

<ピコレーザーの照射速度(パルス幅)>

ピコレーザーのパルス幅を比較したグラフ

 

ピコレーザーには、レーザーの照射方法の違いによってピコトーニング、ピコフラクショナル、ピコスポットという3つの照射モードがあり、これらを使い分けることで、一人ひとりの肌の悩みに合わせた治療を行うことが可能です。

ピコトーニングは、低出力のレーザーを照射し、肌全体のメラニン色素を徐々に減少させます。また、ピコトーニングのレーザーは真皮まで届き、コラーゲンとエラスチンを増やしてハリを取り戻す効果が期待できます。

ピコレーザーは、Qスイッチレーザーと比べても痛みが少なく、色素沈着を起こしにくい治療法です。低出力のレーザーをシャワーのように優しく肌にまんべんなく照射することで、シミやくすみの改善、従来のレーザー治療では難しかった肝斑に対しても効果が期待できます。

 

<ピコレーザーと従来のレーザーの違い>

従来のレーザーとピコレーザーの違い

 

この記事では、ピコトーニングの特徴や効果、メリットやデメリット、ダウンタイム、施術間隔、頻度や副作用について幅広く解説します。

 

<監修医からのメッセージ>
ピコトーニングは、ピコレーザーを使い低出力でレーザーをお肌に均一に照射する施術です。肌の炎症を極力抑えながらメラニン色素を破壊し、シミやくすみ治療ができます。
ダウンタイムが少なく、施術の費用が比較的手ごろなことから、最近では美容医療の人気メニューの1つとなっています。
また、初めて美容医療を受ける方にとってもおすすめの施術の1つです。

一方、大きなシミや濃いシミを治療することには不向きです。

今では、ピコレーザーなど新しいタイプのレーザー治療が登場し、シミ治療の選択肢が増えています。
それでも万能の治療法はなく、それぞれ得意・不得意があります。

ピコトーニングをはじめ、レーザー治療を受ける場合は、自分の肌悩みにあった施術を選ぶことが大切です。
一般の方には難しい部分もあるかと思いますので、まずはカウンセリングを受けてシミ治療の相談をしてみてはいかがでしょうか?

 

<参考記事>

大阪のピコトーニングが安い人気のクリニック14選!

ピコレーザーはシミ取りに効果ある?種類やダウンタイムも解説

シミの種類別おすすめのレーザー治療!おすすめのクリニックは?

2.ピコトーニングはこんな人におすすめ

ピコトーニングがおすすめの方は、次のような方です。

  • シミやそばかすを薄くしたい
  • トラネキサム酸やハイドロキノンで肝斑が改善しない
  • 顔全体にある細かいシミを薄くしたい
  • 毛穴の開きを改善したい
  • 肌にハリがほしい
  • 顔のくすみを改善したい
  • 肌質を改善したい
  • 痛みやダウンタイムの少ない治療を受けたい

 

<参考記事>

シミを消す対策は、美白だけに頼らない紫外線対策と美容医療

顔の肌のくすみの原因と改善・解消の7つのエイジングケア対策!

肌のハリとは?弾力がなくなる原因と取り戻すための方法・対策



3.ピコトーニングの施術の流れ・所要時間・費用や注意点

1)ピコトーニングの主な治療の流れは以下のとおりです。

  1. カウンセリングや診察の予約

    電話やメール、Lineなど、美容クリニックが用意している手段でカウンセリングや診察の予約をします。

  2. 問診・カウンセリング・診察

    医師によるカウンセリングでは、シミの症状について相談し、回数やレーザーの組み合わせなどプランを決めていきます。

    また、この時点で、副作用やリスク、費用ほか不明点や不安点をすべて解消しましょう。

    なお、体や肌状態によっては、ピコトーニングの施術を受けられない場合があります。

  3. メイクオフ・洗顔

    問診とカウンセリング、診察が終わったら、洗顔をしてメイクを落とします。

  4. レーザー照射

    アイガードを装着し、ピコトーニングによるレーザーを照射します。

    照射時間の目安は顔全体で数十分です。

    基本的には、ピコトーニングには麻酔は不要です。

  5. 施術後

    ダウンタイムの痛みが残ることはほとんどありませんが、火照りなどが気になる場合は冷却します。

    クリックによっては、ヒト幹細胞培養液や成長因子などを配合したフェイスマスクでケアするところもあります。

    最後に、スキンケアを行って施術終了となります。医師の指導のもと、施術後すぐにメイクをして帰宅できます。

 

<参考記事>

美容医療後にヒト幹細胞培養液配合フェイスマスク「ナールスリジェ」

2)施術の費用は?

ピコトーニングの施術は自由診療です。

そのため、美容クリニックによって費用が異なります。

また、使うピコレーザーの機種や施術部位などでも異なります。

費用相場としては、1回10,000円~15,000円です。

初回限定価格、各種キャンペーン、回数割引などを用意しているクリニックもあります。

施術を受けるクリニックのホームページなどで確認しましょう。

3)施術後のアフターケアや注意点は?

レーザートーニングの治療後は、一時的にバリア機能が低下し、肌が乾燥することがあります。

また、乾燥によりニキビができやすくなる方もいます。そのため、いつも以上に丁寧に保湿することが重要です。

刺激が小さく保湿力の高いグリセリンやアミノ酸、ナールスゲン、セラミドなどを配合したスキンケア化粧品、エイジングケア化粧品を使いましょう。

さらに、施術後は紫外線のダメージを受けやすくなっています。

そのため、日焼け止めを使ってしっかり紫外線対策を行いましょう。

刺激の小さなノンケミカル処方の日焼け止めがおすすめです。

 

<参考記事>

ノンケミカルの日焼け止めの選び方とおすすめは?人気11選をご紹介!

4)ピコトーニングを受けられない場合は

次のような方は、ピコトーニングの施術を受けることができません。

  • 妊娠している方
  • 光過敏症の方
  • 日焼けをしている方、または日焼けの予定がある方
  • 光の刺激でてんかん発作を起こす可能性のある方
  • 金の糸など溶けない糸を入れている方
  • 心臓のペースメーカーを使用している方
  • 糖尿病や心臓疾患、慢性疾患がある方

そのほか、既往歴、治療中の病気がある方、薬を飲んでいる方は、カウンセリングや診察の際に、医師に相談しましょう。

4.ピコトーニングの効果と5つのメリット

ピコトーニングは低出力のレーザーを使用することでさまざまな肌悩みを解決します。代表的な4つのメリットを解説いたします。

1)シミ・そばかすの改善ができる

薄いシミやそばかすに対して、ピコトーニングはメラニン色素を破壊してシミやくすみを改善する効果があります。またメラニン色素を少しずつ破壊するため、肌全体のトーンアップも期待できます。

ピコトーニングのレーザーは出力が弱いため、複数回に分けて照射を行うことで徐々にシミが薄くなります。

気になる肌のシミ・そばかすの原因は、紫外線による色素沈着から遺伝性のものまでさまざまです。これまでに浴び続けてきた紫外線の積み重ねによってできる一般的なシミは、老人性色素斑といわれるものです。最初は色が目立ちませんが、年齢を重ねていくにつれて少しずつ濃くはっきりしてきます。

そばかすは、鼻を中心に左右対称に現れる細かい粒状の茶色いシミで、女性に多く、幼少期から思春期で目立ちます。1つずつのシミは1〜5mm大で、ほぼ均等に並んでいるのが特徴です。原因は遺伝的なものといわれており、日焼け・妊娠によって症状が悪化します。春から初夏になると色調が濃くなることもあります。

いずれも、ケアの大切なポイントは、紫外線対策と肌の代謝を促すことです。メラニン色素は、通常表皮の最下層の色素細胞から生成され、表皮細胞に受け渡され、肌のターンオーバーによって肌の表面から自然にはがれ落ちていきます。

しかし、紫外線などのダメージを受けると、メラニンは過剰に生成され、排出できず肌に沈着してシミやそばかすの原因となります。また、ホルモンバランスの乱れも、肌の代謝に悪影響を及ぼし、シミやそばかすができやすい状態をつくってしまいます。

ピコトーニングでは、美白化粧品やスキンケアやエイジングケアで消せないシミを治療することができます。

 

<参考記事>

老人性色素斑はシミ!原因と予防・治療・メイクの方法は?

ソバカス(雀卵斑)はシミと同じ?原因と予防法・消す方法

2)肝斑の改善ができる

ピコトーニングは肝斑の治療に使えます。

従来のQスイッチレーザーのような高出力のレーザーは、炎症によって肝斑を悪化させる可能性があり、治療ができませんでした。ピコトーニングは低出力のレーザーを照射するため、水ぶくれや炎症後色素沈着といったリスクが少なく、肝斑の治療を進められるのがメリットです。

肝斑は、複雑な形をした薄茶色の色素斑で、頬やあご、鼻の下などに左右対称にできるのが特徴です。出産をきっかけにできたりと、30代〜40代の女性によく見られる症状です。

閉経後の高齢者にはほとんど発症する例がなく、閉経を境に肝斑が薄くなったり消えたりすることが多いため、女性ホルモンの分泌が大きく関係していると考えられています。

紫外線による日焼けや、メイクや洗顔による摩擦などの刺激は、発生した肝斑を悪化させるといわれています。

肝斑の治療では、遮光やトラネキサム酸の内服や外用、ハイドロキノン・トレチノインの外用

がレーザー治療に優先します。

ピコトーニングだからといって、むやみに施術を行うことは控えましょう。

 

<参考記事>

肝斑は女性ホルモンの乱れが原因!シミとは違う予防や改善・治療法

3)毛穴の開きや肌質改善ができる

ピコトーニングは、肌質を総合的に向上させることができます。

ピコトーニングを照射することで真皮層にある線維芽細胞が刺激され、コラーゲンやエラスチンの生成が促進し、肌のハリやツヤ感をアップさせると考えられます。また皮脂腺を引き締めたり、皮脂分泌を抑えることで、毛穴の開きの改善にも効果があります。

 

<参考記事>

毛穴の開き・黒ずみ・たるみの治療!費用と美容クリニックの選び方

肌質(肌タイプ)の診断と改善のコツは?

4)赤ら顔(酒さ)の改善

ピコトーニングは、赤ら顔(酒さ)の改善が可能です。

赤ら顔の原因は毛細血管の拡張がその一つですが、ピコトーニングのレーザーは、広がった毛細血管を収縮させるはたらきがあります。

何度か施術を繰り返すことで、毛細血管が正常に戻り、顔の赤みの改善へとつなげることが可能です。

ただし、赤ら顔の原因によっては、ほかの治療のほうが適している場合もあります。

5)痛みが少なく、ダウンタイムがほとんどない

ピコトーニングは、人によって痛みの感じ方は異なりますが、輪ゴムではじかれたような刺激があると感じる程度で、比較的痛みの少ない治療法です。従来のレーザー治療は痛みがあるので苦手という方にもおススメです。

また、ピコトーニングはほとんどダウンタイムがありません。施術後にはメイクも可能です。熱を使わない低出力のレーザーを使用し、衝撃波でメラニン色素を少しずつ破壊するため、正常な肌細胞へのダメージが少なくて済むからです。

レーザーによるお肌の負担が最低限に抑えられているため、照射後に炎症や色素沈着を起こしにくい治療法です。

 

<参考記事>

炎症性色素沈着の原因と8つの予防・改善の対策



5. ピコトーニングの副作用と2つのデメリット

ピコトーニングは、低出力のレーザーを使用しているため、副作用のリスクやダウンタイムがほとんどありません。

しかし、ピコトーニングにも副作用やデメリットがあります。

1)施術後、赤み・ヒリヒリ感がでることがある

ピコトーニングにはダウンタイムがほとんどありませんが、まれに施術後に赤みが出たりほてりやヒリヒリ感、かゆみを覚える方もいらっしゃいます。一時的なものなので、数時間経過すると落ち着くことがほとんどです。

確率としては少ないのですが、照射後に色素沈着や白斑を引き起こすこともあるため、術後は肌の状態をこまめにチェックしてください。患部の紫外線対策を欠かさず、洗顔やマッサージをするときは過度な刺激を避けることが大切です。また、施術後はお肌が乾燥しやすいため、保湿もしっかりと行うようにして下さい。

2)数回施術を受ける必要がある

ピコトーニングは低出力のレーザーを照射するため、1回の施術でシミやそばかすなどメラニン色素に対する効果が実感できることは少なく、通常は数回の治療が必要です。個人差はありますが、トータルで5~10回の定期的な施術が必要とされています。治療方針など、あらかじめ医師と相談しておきましょう。

参考までに葛西形成外科が行った調査を紹介します。210名を対象にピコレーザーによるシミ(老人性色素斑)の治療を行ったところ、症状の改善が確認されたのは113名で、平均治療回数は4.6回という結果でした。(*)

この結果は満足できる治療効果とはいえません。

回数としては、5回以上必要であることが示唆されます。

 

(*)<参照文献>

低フルエンスピコ秒アレキサンドライトレーザー治療の効果と問題点|葛西形成外科 葛西 健一郎

6.ピコトーニングの効果発現と回数の目安

1)施術後は1週間~10日くらいで効果が現れる

ピコトーニングの効果がいつ頃現れるのか、皆さん気になるところだと思います。一般的に、破壊されたメラニン色素が非常に細かくなるため、肌のターンオーバーによって徐々に体の外に排出された後に効果が実感できます。

個人差はありますが、ピコトーニングの効果は1週間〜10日かけて徐々に現れます。

2)ピコトーニングを受ける頻度の目安は4週間に1度

1回の照射で肌質改善の効果を実感される方もいらっしゃいますが、ピコトーニングは、回数を重ねることで徐々にシミやそばかす、肝斑を改善していく施術です。

施術直後は皮膚がデリケートになっており、頻繁に照射を行うことはできません。一般的には4週間の間隔を目安に次のピコトーニングの照射を行います。

シミの大きさや濃さなどで個人差はありますが、5~10回を1クールとし、複数回の施術が必要です。肌の状態によっては10回以上の照射が必要になることもあります。

特に、肌に炎症が残っている間に再度ピコトーニングを照射すると、肝斑が悪化するリスクが高まるため、肌の状態に最適な間隔で照射を繰り返すことが効果的です。逆に間隔を開けすぎてしまうと、以前照射した部分に新たにメラニンが蓄積してシミが増えてしまったり、メラニンの破壊が追いつかなくなり、効果を実感しにくくなることもありますのでご注意ください。

効果的に肌の悩みを改善したいのであれば、医師から提案された施術間隔を守り、間隔があきすぎてしまう場合は自宅でできるケア(ドクターズコスメや内服薬など)を提案してもらうとよいでしょう。



7.レーザートーニングなどよく似た治療との違いは?

1)レーザートーニングとピコトーニングの違い

レーザートーニングとは、QスイッチYAGレーザーなどを使った施術です。

一方、ピコトーニングはピコレーザーを使います。

出力を調整してレーザーを均一に照射できるため、肝斑に余計なダメージを与えるリスクを軽減できる点では、ピコトーニングと同じです。

違いは使うレーザーの種類で、照射時間(パルス幅)、施術時間などが異なります。

 

<参考記事>

レーザートーニングの毛穴への効果は?回数やダウンタイムも徹底解説

2)レーザートーニングとIPLとの違い

IPL治療とは、フォトフェイシャルなどの機器を使って低出力の光を肌に照射してシミやくすみなどの症状を軽くする施術です。

ピコレーザーが1つの波長に対応するのに対して、IPLは複数の波長に対応します。

 

<レーザーとIPLの違い>

レーザーとIPLの違い

 

<参考記事>

フォトフェイシャルの効果がすごい!?毛穴やシミにはいつから?

3)ピコスポットやピコフラクショナルとの違い

ピコスポットやピコフラクショナルは、ピコレーザーを使った施術です。

ピコトーニングも同じですが、この3つは照射方法が異なり、アプローチできる肌症状も異なります。

ピコスポットは、強い出力のレーザーを気になる濃いシミや局所的な大きなシミへ集中的に照射して除去する治療法です。

ピコフラクショナルは、点状に集中したレーザーを肌の深部(真皮)に照射して、皮膚の再生を促し、ニキビ跡などを改善する治療法です。

 

<参考記事>

ピコスポットの効果と経過・ダウンタイムのかさぶたの防ぎ方

ピコフラクショナルレーザーの効果はいつから?毛穴や小じわに効く?

8.ピコトーニングに関するよくある質問

ここでは、ピコトーニングに関するよくある質問についてご紹介します。

Q1.1回では効果がないのでしょうか?

ピコトーニングは、弱い出力のレーザーで複数回に分けて施術していくため、1回の治療では大きな効果がわかりにくいとされています。メラニン色素の破壊には複数回継続して通う必要があるため、1回の施術でシミや肝斑などの改善はできませんが、肌質改善には効果が期待できます。

Q2.ピコトーニングはやめると後戻りしますか?

ピコトーニングはメラニン色素を破壊しますが、メラニンをつくるメラノサイトは破壊できません。しかし、ピコトーニングの治療を中断したからといって、すぐにシミや肝斑が戻るわけではありません。必要な治療が終わった後も主治医が説明したとおりの頻度で継続すれば、後戻りしないようキレイなお肌をキープすることは可能です。

ただし、間隔を空けすぎた時や治療をやめた時には、シミや肝斑が再発する可能性がありますのでご注意下さい。

また、アフターケアが非常に大切です。施術後に紫外線対策や保湿を怠ると、悪化や再発のリスクがあります。外出時は日傘や帽子などを使用し、室内でも窓際で過ごすときなどはしっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

Q3.ピコトーニングの施術後に肝斑が悪化することはありますか?

残念ながらないとはいえません。

ピコトーニングは低出力のレーザー照射により、表皮への刺激を抑えています。

それでも、肝斑が悪化するリスクはゼロではありません。

なぜなら、肝斑はメラニンが活動している炎症性のシミだからです。

弱い出力であっても、レーザーの刺激で肝斑が悪化する可能性はあるのです。

ピコトーニングは数回施術を行いますが、治療期間の間で異常を感じたり、悪化した場合は、すぐにクリックを受診しましょう。

Q4.ピコトーニングは顔以外にも照射できますか?

ピコトーニングは、背中や二の腕、手の甲ほか、ボディの気になるパーツへ照射可能です。

Q5.ピコトーニングはピコレーザーの種類で効果は変わりますか?

ピコレーザーには、ピコシュア、ピコウェイ、エンライトンSRなど、異なる種類の機種があります

大きな観点では同じ性能ですが、種類によって同じピコトーニングでも少し効果が異なることがあります。

 

<参考記事>

ピコレーザーの種類と機種別の特徴!5種からどれを選ぶ?

9.まとめ

ピコトーニングの特徴や効果、メリット・デメリットについて説明しました。ピコレーザーによるピコトーニングは、低出力で肌全体のメラニンを破壊するため、肝斑やくすみ、シミなどに効果が期待できる治療法です。ほかのレーザー治療に比べて照射速度が速く、また熱刺激が少なく、肌への負担を抑えながら治療を進められます。

また、ダウンタイムが少なく、日常生活に支障をきたしにくいことも魅力です。痛みをできるだけ抑えて、シミやくすみを取り除きたいという方にもおすすめの治療法です。

一方、施術回数が数回以上必要であったり、大きなシミの治療には向かないなどのデメリットもあるので、肌悩みによって使い分けを行うことが大切です。

この記事が、ピコトーニングに興味がある方や施術を検討している方のお役に立てば幸いです。