二重整形失敗で後悔しないための方法5選!リスク最小化法は?

本ページはPRを含みます。


       

ぱっちりとした二重を手に入れられる二重整形。受けてみたいと思っていても失敗の可能性?どんな目になってしまうのか不安になっていませんか?二重整形は失敗率の低い施術ですが、リスクはできるだけ下げておきたいもの。この記事では二重整形に失敗する理由や避ける方法を解説します。
この記事を読めば二重整形の失敗リスクを下げるための行動がわかります。最後まで読んでクリニック選びの参考にしてくださいね。

この記事の監修医師
■経歴
東京医科大学医学部医学科を卒業後、麻酔科学講座入局。
麻酔科退局後、明治通りクリニック皮膚科・美容皮膚科で院長を務める。
平成24年より医療法人容紘会高梨医院皮膚科・美容皮膚科を開設し、現在は院長として勤務している。
目次

1.二重整形で失敗を避けたい方へ

一重まぶたで悩んでいる方にとって、理想の二重まぶたを手に入れることは、単に見た目がキレイになるだけでなく、自信にもつながります。
だからこそ、絶対に失敗を避けたいですよね。
しかし、ウェブサイトやSNNで体験レビューや口コミをチェックしてみると、

「芸能人の○○さんは、二重整形で失敗した」
「○○クリニックで二重整形を受けたら、失敗だった」
「施術後のデザインが思っていたのと違ったので再び施術を行った」

などの記事を見つけることがあります。

思い切って二重整形を受けようと思ってもそんな情報を目にすると不安になりますよね。

二重整形には埋没法と切開法があり、どちらも失敗のリスクが0%ではありません。
これは、二重整形に限ったことではなくどんな美容医療の施術にも言えることです。

しかし、二重整形の失敗の可能性をできるだけ避けることは可能です。そのためには、二重整形のメリットとデメリットを知って、起こりうる失敗を避けるための手段を講じることが大切です。

この記事で、二重整形の失敗の確率の検証、失敗の事例と考えうる原因、リスクを最小化するための方法や美容クリニックの選び方まで幅広くご紹介します。

二重整形で失敗を避けて成功したい方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<監修医からのメッセージ>
二重整形で理想のまぶたを手に入れたい方にとって、最も避けたいことはイメージどおりのデザインではなかったり、施術後のトラブルで失敗してしまうことですね。
私たちが、患者さんにカウンセリングを行う際には、多くのケースで失敗の不安について相談があります。
また、他院で失敗したので当院を訪れたというケースもあります。
二重整形は、患者さんの「好み」が人それぞれで、医師が「成功」と考えていても、患者さんは「失敗」と認識してしまうケースが起こります。
この原因は、医師の技量不足によることもありますが、カウンセリングで両者が二重整形の施術後のイメージが共有できていないことの方が多いのです。
私たち美容医療に携わる医師は、患者さんのために理想の二重を目指しますが、失敗を0にすることはできません。
それでも、カウンセリングでお話を十分に伺って、イメージをすり合わせに全力を傾けます。また、日々の技術の研鑽を通して、100%成功を目指したいと考えています。
二重整形で失敗しないための第一歩はご自身があらかじめ理想の二重のデザインのイメージをお持ちいやだくことと、それに応えうるコミュニケーションスキルと技量、経験のある 医師を選ぶことだと思います。
そのために真摯に全力を尽くしますので、当院やお近くの美容クリニックで信頼できる
医師に相談しましょう。

 

<参考記事>

二重整形で知っておきたい基礎知識。方法やダウンタイムや病院選びまで

二重整形失敗で後悔したくない!成功しやすい人はこんな人!

 

<二重整形の美容クリニックを選ぶなら>

ナールス美容医療アカデミー 「美容クリニック検索」

2.二重整形の失敗確率は10%以下?検証した

1)二重整形の失敗確率を検証した信頼できる医学論文はある?

世界約70カ国、約5,000誌以上の文献を検索できる医学・生物学文献データベース「PubMed」や医学中央雑誌刊行会が提供する医学文献情報のインターネット検索サービス「医中誌Web」で、二重整形の失敗確率の医学論文をチェックしてみました。

残念ながら、それに関する医学論文を見つけることはできませんでした。

 

<参考記事>

特定非営利活動法人医学中央雑誌刊行会「医中誌とは」

PubMed

2)アンケート調査や医師の独自見解で検証できる二重整形の失敗確率

Googleで、「二重整形 失敗 確率」と検索すると、アンケート調査を行ったり、医師の見解が掲載された記事を見つけることができました。

 

それらによると、次のような報告がありました。

 

  • 100名にアンケート調査では、「仕上がりの不満を持つ」が9%(*2)
  • たまたま上手な先生にあたる確率は10%程度、手術が下手な先生でも、理想通りの二重になることもよくあるため、運任せなら二重整形失敗確率は50%くらい(*2)
  • 手術の上手な先生の場合、二重埋没法の失敗確率は1%程度(*1)(*3)
  • 手術が上手な先生の場合、二重切開法の失敗確率は5%程度(*1)(*3)
  • 二重整形は、満足が7割弱、不満が約1割弱という結果です。不満の原因としては、「埋没法をした結果、数年経過したらもとの一重に戻ってしまった」などが挙げられています。ただし、埋没法の持続年数は施術によっても異なるため、失敗とは言い難いでしょう。(*4)

 

アンケート結果が2つありますが、「失敗」ではなく「不満」を調べた結果です。

また、「失敗」の定義も同じとは言えないため、正確に確率を検証することはできません。

そのため、この数値自体はあくまで目安です。

 

考えうる失敗は、1つ目は患者が思っていた二重にならなかった場合、2つ目は痛みや違和感などの後遺症が残ってしまった場合です。

 

もちろん、名医に施術してもらったとしても、医師と事前の意思疎通がうまくいっていない場合は、事前に意図した二重にならないことがあります。

 

また、患者の目の状態によっては痛みや違和感が生じる可能性があり、失敗確率を0にする方法はありません。

 

しかしながら、技術のある医師が施術すれば失敗を防ぐことはできるはずです。

 

したがって、アンケート調査で得た数値の近い10%程度が妥当という感覚です。

 

事前に準備を怠らず、二重整形の知識を持って、自分に合う美容クリニックで、ベターな施術を選べばもっと失敗確率を減らせると考えられます。

 

<参考記事>

(*1)モノシル「二重整形の失敗確率はどのくらい?確実に失敗しない方法はあるの?失敗しないためにできることを紹介!」

(*2)eye’m(アイム)「二重整形が失敗する確率は?【医師取材】4つの失敗例と成功しやすい人を紹介」

(*3)湯田眼科美容クリニック二重整形の悩み解決!「二重整形の失敗確率について検証しました。」

(*4) アリエル美容クリニック「二重整形の失敗確率は1割?失敗例と失敗を防ぐコツを解説!」

3.二重整形の失敗例を写真つきで解説!

二重整形の失敗確率は低いのですが、少なからず満足のいかない結果になってしまうこともあります。ここからは、二重整形の失敗例を写真つきで解説していきましょう。

1)仕上がりに関する失敗:左右差がある・不自然など見た目の違和感

左右差がある二重整形

参照:二重整形が失敗する確率は?【医師取材】4つの失敗例と成功しやすい人を紹介

 

左右の目で二重の幅に差があり、不自然に見える失敗例です。

二重に左右差が出てしまう原因は2点あります。

 

1点目は医者の技量不足によるものです。二重整形の前には必ずブジーと呼ばれる金属製の細い棒を使って二重の位置を決め、まぶたにマーキングをしてから施術をおこないます。

まぶたの状態を見て細かく位置を決める必要がありますが、この作業がうまくできていないと、左右の仕上がりに差ができてしまい、不自然な見た目になるのです。

 

2点目はもともとの目の状態によるものです。患者の目の状態が眼瞼下垂(まぶたの開きが悪い状態)や、蒙古ひだ(まぶたから目頭にのびているひだ)に左右差があると、完成後に二重の入り方に左右差ができてしまいます。

 

技術のある医師であれば細かい調整が可能なため、二重整形の経験が豊富な医師を選べば失敗のリスクは低くなるでしょう。二重の左右差を完全になくすことは非常に難しいと言われているため、できるだけ腕の良い医師に任せることでリスクを最大限下げることをおすすめします。

2)痛みや違和感に関する失敗:傷跡が目立つ・ゴロゴロした違和感・内出血や腫れが残る・目が閉じられない

二重整形の術後の傷跡

参照:二重切開の傷跡を極力目立たなくする4つのポイント。

二重整形の術後に傷跡が目立つ、ゴロゴロした違和感がある、内出血や腫れが残る、目が閉じられないなどの症状が出る場合があります。

 

切開法で縫い合わせた跡が残ることを心配される方が多いですが、切開法で理想とされるのは、すっぴんでも傷跡がほとんどわからない状態にすることです。そのため、全く傷跡が残らない状態にすることは難しいとされています。

 

不安な人は、カウンセリングで症例写真を見せてもらい、傷跡の残り方が自分の許容範囲内かどうか確認しておくと良いでしょう。

 

施術直後のダウンタイムには内出血や腫れの症状がありますが、埋没法は1週間、切開法は1ヶ月以上腫れや違和感の症状が続く場合は、感染症にかかっている危険性もあります。ひどい症状が続く場合は、一度クリニックに相談してみましょう。

4.二重整形に失敗する3つの理由

二重整形に失敗する理由は以下の3点です。

  • 医者の技量不足
  • コミュニケーション不足
  • 術前・術後の生活

これらの失敗理由について詳しく解説します。

1)医師の技量不足:クリニックや医師ごとに経験ややり方が違う

二重整形に失敗する理由で多いのは、医師の技量不足によるものです。

 

二重整形は医師がまぶたの二重位置を決めて施術を行うため、位置のズレや施術の処理が甘いと、出来上がりに左右差や不自然さが出たり、すぐに二重が取れたりする場合があります。

 

二重整形はほとんどのクリニックでおこなわれている施術ですが、医師の経験や腕によって仕上がりは大きく変わります。失敗リスクを下げるには、二重整形の経験が多いクリニックや医師を選ぶことが大切です。

2)コミュニケーション不足:医師の仕上がりイメージと自分の仕上がりイメージに違いがある

医師とのコミュニケーションが不足している場合も、二重整形に失敗する可能性があります。ここで言う「失敗」とは、医師の仕上がりイメージと自分の仕上がりイメージに違いがあることを指します。

 

名医に担当してもらったとしても、仕上がりのイメージが共通認識としていない場合は、納得いく仕上がりにならないことがあるでしょう。

失敗を避けるには、事前のカウンセリングで二重の位置を決める際に、正しく意見を伝えることが必要です。

症例写真で理想の二重を伝え、認識を合わせた上で施術に臨みましょう。

 

医師の対応が不誠実な場合や、こちらの希望が伝わらないと感じた場合は、他のクリニックを受診した方が良いでしょう。

3)術前・術後の生活:伝えられた注意事項を守っていない場合に失敗する可能性がある

二重整形には施術前・施術後に注意事項があります。それを守っていない場合には失敗する可能性があるでしょう。

 

たとえば施術後すぐにまぶたをこすったりかいたりして刺激を与えることは、禁止されています。まぶたに刺激を与えすぎてしまうと、埋没法の場合は埋め込んだ糸がゆるんで取れることがあり、切開法の場合も傷口が開いてしまう可能性があるからです。

 

また、ダウンタイム中は紫外線を浴びることや、飲酒・喫煙、血行を良くする行動も禁止されています。これらは内出血や腫れの症状を悪化させ、感染症のリスクを高めることにもつながりますので、できるだけ控えましょう。

 

その他にも注意事項があるため、失敗を避けるためにはクリニックから言われた禁止事項は絶対に守ってください。

 

<参考記事>

二重整形の値段相場は?トータル費用はどのくらい?

二重整形のダウンタイム期間はどのくらい?ダウンタイムの過ごし方は?

二重整形は埋没法と切開法のどっちがいい?種類の違いを解説!

 

5.二重整形を失敗しないための5つのポイント

二重整形を失敗しないポイントは4つあります。

  • 経験豊富で共感力の高い医師を選ぶ
  • 希望の二重画像を用意してカウンセリングへ行こう
  • ダウンタイムを考慮して手術日を決める
  • 現実離れした理想を持つことは避ける
  • セカンドオピニオン・再手術など失敗した場合の対処を調査しておく

 

施術前に上記のポイントをクリアしておけば、失敗する可能性は低くなるでしょう。

1)経験豊富で共感力の高い医師を選ぶ!

二重整形の失敗を防ぐためには、経験が豊富で共感力が高く話しやすい医師を選びましょう。

「話しやすい医師」とは、しっかり希望を聞いて、できるだけ同じイメージを持とうする姿勢がある医師のことです。

つまり、患者に寄り添い共感できる医師です。

二重整形が成功するポイントは、医師と完成形のイメージのすり合わせがきちんとできていることです。腕の良い医師だとしても相性があるため、ご自身の意見を伝えやすい人を選ぶと良いでしょう。

 

また、二重のデザインも先生によって特徴があります。ブログやホームページに載っている症例を見て、自分が好みな写真を多く載せている医師を選ぶと、理想の二重まぶたに近づけられるでしょう。

2)希望の二重画像を用意してカウンセリングへ行こう!

希望の二重画像を用意してカウンセリングに行くことも大事です。理想とする二重の方向性を医師に伝えることが大事なので、症例写真だけでなく、なりたい二重の芸能人やタレントの写真を持っていくのも良いでしょう。

 

また、施術後の跡がどれくらい残るかも大事なポイントです。切開法で目指すのは、すっぴんでも傷跡がほとんど残らないこと。傷跡を全く残さないことは難しいので、症例写真を見て、どれくらいであれば自分の許容範囲なのかも伝えておくと良いでしょう。

3) 現実離れした理想を持つことは避ける

「憧れの芸能人やタレント、モデルのような二重になりたい!」と思うことは良いことです。

しかし、もともとの目の形やラインがかけ離れているといくら二重整形を行っても全く同じようにはなりません。

名医であれば、理想に限りなく近くなるように施術を行ってくれますが、それでも限界があります。

また、二重の幅を過度な広さにすると、見た目が不自然になるリスクもあります。

 

過度な理想や極端なデザインを希望することは、二重整形が成功であっても、不満要因になるので、あらかじめ現実的なゴールを医師と共有することが大切です。

医師の意見も取り入れて、自分に合った二重を目指しましょう。

4)ダウンタイムを考慮して手術日を決める

ダウンタイム中に目元をしっかり休められるかどうかを考慮して手術日を決めましょう。ダウンタイム中は目をこすったりかいたりすると、埋没法の施術で埋め込んだ糸がゆるんでしまったり、切開法の場合は縫った傷口が開いたりしてしまうことがあります。

 

花粉症の人は目がどうしようもなくかゆくなってしまうことがあるかと思いますので、症状が出にくい時期に施術を受けると安心です。

5)セカンドオピニオン・再手術など失敗した場合の対処を調査しておく

施術後になにかしらの良くない症状があらわれてしまった時のために、セカンドオピニオンや再手術を受ける場合も想定しておくと、いざという時に焦らないで済むでしょう。

 

クリニックによっては二重が取れてしまった場合や感染症の症状が出てしまった場合に無料で再手術や診察を受け付けてくれるプランがあります。施術前にプラン内容についてもよく確認しておくと安心です。

 

再手術はまぶたに大きな負担を与えるためおすすめはしませんが、もしものために失敗した場合の対処方法を調査しておきましょう。

 

<参考記事>

二重整形はどこが良い?失敗しないための病院選びのポイント!

東京の二重整形クリニックおすすめ10選!病院選びで失敗しない!

大阪の二重整形クリニックおすすめ10選!

福岡の二重整形クリニックおすすめ10選!

名古屋の二重整形クリニックおすすめ10選!

札幌の二重整形クリニックおすすめ10選!

6.二重整形に失敗したら?失敗と感じたときに知っておきたい知識

もし二重整形に失敗したらどうすれば良いのでしょうか。施術前に最低限の知識を頭に入れておきましょう。

1)失敗と感じたら早めに手術した病院に相談しよう

ダウンタイムが終了しても腫れが引かない場合や左右差が出てしまった場合は、失敗かもしれません。失敗したと感じた時や、事前にイメージしていたデザインと大きく変わってしまった場合は、施術を受けたクリニックに連絡しましょう。

 

ほとんどのクリニックでは、トラブルが起きた時のために無料で相談ができるようになっています。痛みの症状がひどい場合は薬を処方してもらうことも可能です。

 

失敗したと感じたのがダウンタイム期間中であれば、ダウンタイムが終了するまで様子を見てみましょう。施術直後は腫れや違和感が出る場合があり、失敗かどうかの判断がつきません。

 

ダウンタイムが終了しても腫れや違和感などの症状が続いた場合は、失敗の可能性があります。施術を受けたクリニックに早めに相談してください。

クリニックの対応が悪い場合や、同じ医師の施術を受けても改善しないだろうと考えられる時は、他のクリニックへの相談も考えましょう。

2)二重整形は再手術ができる!仕上がりに満足できない場合は再手術の検討を

二重整形は再手術ができます。施術後の二重に満足できない場合は、再手術を受けることも検討しましょう。

 

埋没法の場合は、縫った糸を取り除くことで施術前のまぶたに戻すことができます。そのため仕上がりに満足できない場合は、一度糸を取り除き、再手術で二重のデザインを作り直すと満足いく仕上がりになるでしょう。

 

切開法の場合は元通りに戻すことはできません。まぶたの皮膚に余裕があれば、幅を整えたり、目の開閉具合を調整することは可能だと言われています。しかし、切開しすぎると目の開閉に影響を及ぼす可能性があるので、再手術できるからと気軽に考えず、慎重に施術を受けましょう

7.二重整形で失敗せずに成功確率を上げるための質問

1)どんな人が成功しやすい

医師の施術しやすさの観点で言えば、二重整形に成功しやすいのはまぶたの薄い人です。

特に埋没法の場合はまぶたが薄い人の方が効果が長く継続するでしょう。

埋没法は糸を使ってまぶたを数カ所縫いとめる方法のため、まぶたに脂肪が多く、まぶたが厚い人は糸が留めづらく、留めても重みがあるため取れやすい傾向にあります。

まぶたが厚い人は切開法での施術も検討することをおすすめします。

2)施術後の注意点は?

二重の施術後に目を擦るのは、NGです。

術後すぐの目を擦ることで、傷が開きやすくなったり、埋没法と場合、糸が緩んだり取れてしまうリスクが高くなります。

クレンジングや洗顔は、まぶたの周辺は特に注意しましょう。

また、目やまぶた周辺にかゆみがある場合は、擦らず医師に相談しましょう。

3)経年劣化や老後の失敗を避けるには?

二重整形には、「経年劣化」が伴います。整形をしたその形が永遠に保たれるわけではなく、歳を重ねるにつれて少しずつ形が変化してしまうのです。

 

経年には、加齢による影響も含まれますが、その変化は次の通りです。

 

  • 二重の幅が狭くなる
  • 二重のラインが変わる
  • 二重の溝が浅くなる
  • 奥二重になる

 

また、埋没法と切開法ではその変化が違います。

 

<埋没法と切開法の変化の違い>

埋没法切開法
持続期間3年~15年(個人差大)半永久的
変化の原因糸がとれる・ほどける

加齢による瞼の変化

加齢による瞼の変化
変化の速度速い(糸が取れるすぐ)緩やか
メンテナンス必要不要
修正しやすさ比較的簡単

再手術も可

難しい

再手術の可否は医師が判断

 

その点も意識して、施術を選択したり、メンテナンスを行うことで失敗を避けることができます。

 

<参考記事>

二重整形は何年持つ?老後どうなる?

 

8.まとめ

二重整形の失敗確率や失敗する理由や避ける方法を幅広くご紹介しました。

いかがだったでしょうか。

二重整形の失敗率は10%以下と低い確率ですが、二重の幅に左右差が出る、傷跡が残るなど、後遺症に悩まされることもあります。

二重整形に失敗する理由は、医師の技術不足やコミュニケーション不足、術前術後に注意事項を守らなかったことによって起こります。失敗しないためには、希望する二重デザインの写真を経験豊富な医師に見せ、ダウンタイムを考慮した手術日程を決めましょう。

万が一失敗してしまった場合の対処法も考えておくことが大事です。

二重整形を受ける際には、失敗する可能性が少なからずあることを理解し、失敗リスクを少しでも下げる対処をしておきましょう。

この記事が、二重整形で失敗を避け満足できる結果を得たい方のお役に立てば幸いです。