ダーマペンは効果なし?毛穴やたるみにいつから効果でる?

本ページはPRを含みます。


       

美肌になれると美容医療で人気のダーマペン。一方で効果が無いという声も。もちろん、メリットやデメリットがありますし、どんな肌悩み二でも合うわけではありません。どの美容クリニックで受けても同じというわけでもありません。この記事では、ダーマペンの効果があるか?いつからか?などをご紹介します。

この記事の監修医師
■経歴
平成15年 日本医科大学 卒業
平成16年 日本医科大学附属武蔵小杉病院 研修医/内科 専修医
平成21年~31年 善仁会丸子クリニック 院長勤務
令和元年5月 Alohaさおり自由が丘クリニック 院長
■保有資格
日本内科学会認定内科医
日本透析医学会、日本腎臓学会
点滴療法研究会
日本美容皮膚科学会

 

<ダーマペン導入医師からのメッセージ>

フローラクリニック院長 秋間雄策先生

フローラクリニック

院長秋間雄策 先生

大手美容外科を含む数院で院長を歴任し、その傍ら、数十の美容クリニックで非常勤勤務を行い多種多様な施術を経験。

2021年、オタク文化が栄える池袋にフローラクリニックを開院。 自身もコスプレイヤーとして活動するなど、エンタメ分野でも幅広く活躍。

 

<ダーマペンについて>

当院では最新のダーマペン4を採用しています。

ダーマペン4は、極細針にてお肌に小さな穴をあける美肌再生治療です。お肌の表皮層から真皮層にかけて、高速振動で小さな穴をあけます。

高密度に穴をあけ、穴を塞ごうとする自然治癒力を利用して、皮膚の修復機能を働かせることで、新しい素肌に再生させるというスキンケアになります。

また、必要なコラーゲンも生成されるため、肌質改善にも有効です。肌に負担をかけずに皮膚を内側から持ち上げて、ニキビ跡や毛穴などの肌トラブルを改善する画期的な治療です。

フローラクリニックでも人気施術の1つとなっています。

 

目次

1.ダーマペンは効果がないと感じるケースは大きく2種

1)ダーマペンとは?

ダーマペンとは、髪の毛より細い針で肌の表皮に微細な穴をあけ、皮膚の自然治癒力を高める治療法です。針を刺すことで肌には無数の小さな傷がつきますが、自然治癒する過程でコラーゲンやエラスチンの生成が促進され、毛穴の開きやニキビ跡、肌のデコボコの改善が期待できます。
また、同時に有効成分も導入することで、肌の引き締め効果も期待できます。

さらに、肌が再生することで肌質も改善するため、シミやシワ、ハリの改善といったエイジングケアにも役立ち、弾力のある滑らかな肌に導いてくれます。

ダーマペンの針の深度は0.1㎜目盛毎に調整できるだけでなく速度も5段階に変えられるので、一人ひとりの肌の状態や肌質、悩みに合わせて施術できるのが特徴です。

また、ダーマペンは皮膚に対して垂直に針を刺すため肌の負担を抑えながら施術でき、ダウンタイムが短いのも魅力のひとつです。個人差はあるものの、軽い赤みなら約1〜3日、腫れなら約2〜4日で落ち着きます。

<ダーマペンのメカニズム>

ダーマペンのメカニズム

2)ダーマペンが効果はないと感じるケースは

そんなダーマペンですが、「効果がない」といった情報や口コミがウェブサイトやSNSで出回ることがあります。

果たして、それは本当でしょうか?

それを解明するためにナールス美容医療アカデミー編集部では、さまざまなサイト情報の情報や体験者の声を分析しみました。

 

その結果、次のことがわかりました。

  • 実際、ダーマペンで効果がないケースはある
  • しかし、ダーマペンそのもの問題ではないことが多い
  • ダーマペンに効果がないケースは患者側の問題とクリニックの問題に分けられる

 

要は、ダーマペンに効果がないと感じるのは、ダーマペンそのものの問題というより施術を受ける患者サイドと提供するクリニックの意識や勘違い、技術、適応の間違いなどによるものが多いのです。

また、一部は金属アレルギーで肌トラブルが起こった場合もありますが、これも診察をしっかり行えば避けることができます。

 

この記事ではダーマペンで効果を感じないケースや感じにくい方についてより具体的に検証を進めます。

その上で、「ダーマペンは効果がない」と言わずに済むコツもご紹介します。

 

<参考記事>

ダーマペン4の効果を徹底検証!症例や体験談も掲載

2.ダーマペンで効果が無いのはこんなケース

1)施術を受ける患者側の問題

①効果への期待が高すぎる

ダーマペンはすぐ効果を感じることがありますが、5日から1週間ほどの時間がかかります。

また、クレーターなどには1回で効果を感じないことが多いです。

さらに、美容外科手術のようなわかりやすい効果を感じるわけではありません

ダーマペンの効果への期待が高すぎたり、そもそもの誤解がある場合には、効果が無いと感じます。

②施術回数の不足

ダーマペンは肌悩みの深さや種類によりますが、1回の施術で劇的な効果を期待できる施術ではありません。

また、間隔があきすぎると効果が減ってきます。

ダーマペンは施術回数に不足や間隔の開きすぎなどで効果を感じないケースがあります。

③効果はあるのに気づかない

ダーマペンの施術を行って実際には効果がでているのに感じないと思うことがあります。それは、ダーマペンの施術を始める前の肌状態を記録していない名で起こります。

ダーマペンの効果を正確に感じるためにも、施術前の肌の写真を撮って保存しておきましょう。

④施術後のアフターケアや日々のスキンケアの失敗

ダーマペンは肌の自己再生に頼る施術です。そのため施術後の正しいアフターケアや日々の適切なスキンケアが大切です。

医師のアドバイスを守らなかったり、保湿や紫外線対策を怠ることで、効果を感じないばかりか、肌トラブルになってしまうこともあるのです。

特に、ダウンタイム期間の過ごし方に問題があると効果を実感しにくくなります。

ダーマペンのダウンタイムは、短くなってはいますが、赤みや内出血、皮むけなどの症状がでることがあります。

ダウンタイムの期間は、施術した医師のアドバイスをしっかり守ることが大切です。

例えば、ターンオーバーが促されると角質が剥離し、皮むけが起こった場合、無理に剥がすと傷や色素沈着などトラブルの原因となってしまいます。

こうなるとせっかくのダーマペンの効果も感じられなくなります。

皮むけは、自然に剥がれ落ちるのを待つのが正解です。

⑤セルフでダーマペンを打った

家庭用ニードル治療の器具を使ってセルフダーマペンを行う方がいます。

慣れない方がダーマペンの施術を行うことは効果が期待できないばかりか肌トラブルの原因になります。

安心してかつ効果を感じたいならセルフダーマペンの施術はNGです。

⑥日々の生活習慣が良くない

もう1つダーマペンの効果に影響を及ぼすのは日々の生活習慣です。

先ほどもお伝えしたとおり、ダーマペンは肌の自己再生力に頼る施術です。例えば、睡眠不足などで肌のターンオーバーが乱れるとダーマペンの本来の効果を得ることができません。

また、タンパク質などを適切に摂らないと肌の栄養素が不足して、いくらダーマペンの施術を行っても効果を実感できないこともあるのです。

 

2)クリニック側の問題

①肌悩みに合わないのにダーマペンの施術を行った

患者さんが希望するからといって、ダーマペンが肌悩みに合わないのに施術するケースがあります。

これではダーマペンの効果は発揮できません。

自分がダーマペンを試したくても、クリニックで合うかどうかをしっかり相談しましょう。

②施術者の技術不足

ダーマペンは、針に深さの調整や薬剤の選定など一人ひとりの肌状態に合わせて、適切に施術を行うことが大切です。

つまり、ダーマペンには施術者の技術や薬剤選定のノウハウが大切です。

技術不足や薬剤選定が不適切だとダーマペンの効果が期待できないこともあるのです。

③カウンセリングで金属アレルギーなどを確認できなかった

ダーマペンは金属アレルギーがある場合、肌トラブルが起きる可能性があります。その場合、効果を実感できないばかりか、状態が悪化したように感じるかもしれません。

これはクリニック側も確認する事項ですが、自分自身でもダーマペンが向かないケースややってはいけないケースを知っておきましょう。

 

<ダーマペンを受けてはいけない方>

  • 妊娠中、授乳中の方
  • 感染症のある方、及び感染症の治療を受けている方
  • 出血傾向、出血性疾患のある方
  • 麻酔アレルギーの方
  • 金属アレルギー、ラテックスアレルギーの方
  • 糖尿病やがんのある方

 

ダーマペンで効果がないと感じたり、後悔しないために今、挙げたことを避けるようにしましょう。

 

3.ダーマペンの効果を実感しやすい方

1)継続治療ができる方

ダーマペンは、継続治療で効果を感じやすくなります。
医師との相談の上、定期的にクリニックで施術を受けることができる方は、効果が実感しやすくなります。

2)併用治療で効果アップも

また、肌悩みの状態や症状によっては、他の美容治療と併用することで、より効果を実感しやすくなります。

例えば、最新のダーマペン治療であるダーマペン4とコラーゲンピールを組み合わせた治療法「ヴェルベットスキン」やPRP療法と組み合わせた「ヴァンパイアフェイシャル」もおすすめの併用治療です。

また、マンデル酸、乳酸、ヒアルロン酸、コウジ酸、ビタミンAなどの薬剤を使うウーバーピールやLED(発光ダイオード)を使って行われる治療の一である「LEDヒーライトⅡ」もおすすめの併用治療法です。

ただし、誰にとっても併用治療が向いているわけではありません。併用治療を受けてみたいと思った場合は、カウンセリングの際に、既往歴なども含めて医師とよく相談しましょう。

<参考記事>

コラーゲンピールの効果はいつから何回で出る?料金とあわせて紹介

ヴェルベットスキンの効果はいつから?必要回数や持続性を徹底解説

ヴァンパイアフェイシャルとは?効果やダウンタイムなど全解説

ヒーライトⅡとは?効果やデメリット、頻度や料金など全解説

ウーバーピールとは?毛穴への効果やマッサージピールとの違いを解説

3.ダウンタイムを正しく過ごし施術後も適切なケアができる方

ダウンタイムを医師のアドバイスを守って過ごせる方、ダウンタイムがあっても生活や仕事に支障の出ない方は、ダーマペンの効果を実感しやすくなります。

だから、十分に休み期間がとれてストレスなく過ごせる際に施術を受けるのがおすすめです。

また、日々の正しい洗顔、保湿ケア、紫外線対策をしっかり行うと、ダーマペンで治療効果を実感しやすくなります。

4.ダーマペンの美容効果。実はすごい?

ダーマペンは皮膚の回復力を高める治療のため、肌トラブルの改善だけでなく肌質改善やエイジングケアにも役立ちます。ダーマペンの美容効果はおもに以下の5つです。

1)毛穴の開きを改善

ダーマペンの美容効果1つ目は、頬や鼻の毛穴の開きを改善することです。
皮脂の分泌量が多い方は毛穴の開きが目立ちやすいものの、毛穴が自然に小さくなることはありません。
そこで、ダーマペン治療をすることで肌の自己再生力が高まりターンオーバーが改善します。すると皮脂の分泌が正常化して角栓などが排出されやすくなるとともに、毛穴が引き締められて開きや詰まり、黒ずみが改善します。

また、ダーマペンはコラーゲンやエラスチンの生成も活性化させてくれるので、加齢による毛穴のゆるみやたるみの改善にも効果を発揮します。

2)ニキビ跡を改善

ダーマペンの美容効果2つ目は、ニキビ跡を改善してなめらかな肌に導くとともに、ニキビそのものを予防することです。

ニキビが炎症を起こして重症化すると、皮膚がへこむ・盛り上がる・毛穴が開くといった「ニキビ跡」が残ることがあります。

時間が経ってクレーター状になったり、固まって白く残ったりしたニキビ跡は自然治癒が難しくなりますが、ダーマペン治療によって肌の自己再生力を高めることで改善が可能です。肌の自己再生力が高まりターンオーバーが促されると、ニキビ跡のデコボコや開いた毛穴が改善し、なめらかな肌に生まれ変わります。ダーマペンの針は2.5mmの深さまで届くので、皮膚の深部に及ぶニキビ跡にもアプローチが可能です。

さらにダーマペンは過剰な皮脂分泌を抑える効果もあるため、「ニキビそのもの」を予防する効果もあります。ただ、重度のニキビがある方はダーマペン治療によって炎症を悪化させてしまうこともあるため、治療前に医師に相談しましょう。

3)小じわやたるみを改善してお肌をツルツルに

ダーマペンの美容効果3つ目は、肌のハリや弾力を蘇らせてツルツルにすることです。

真皮にある線維芽細胞(せんいがさいぼう)が生成するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は肌の保湿や形状記憶に重要な役割を担っています。しかし、加齢などによってコラーゲンなどの生成量が減少すると肌の弾力が失われて皮膚が薄くなり、小じわやたるみが生じやすくなります。

そこでダーマペン治療によって真皮を刺激して線維芽細胞を活性化させることにより、コラーゲンやエラスチンの生成が助けられ、小じわやたるみを改善し、弾力やツヤ感あふれる肌に導きます。

4)シミ・くすみを改善

ダーマペンの美容効果4つ目は、肌のシミやくすみを改善することです。

シミやくすみといった色素沈着の原因は「メラニン」という色素細胞ですが、メラニンは肌のターンオーバーを促進することで排出できます。

ダーマペンは目に見えない微細な穴を開けて肌の自然治癒力を高めることでターンオーバーを促すため、メラニンが排出されやすくなりシミやくすみを改善する効果が期待できます。ダーマペン治療は熱損傷や色素脱失のリスクがないため、レーザー治療を受けにくい肌質の方にも効果的です。

5)クレーター・妊娠線

真皮から皮下組織にかけての重症なニキビの跡や妊娠時の亀裂によって、クレーターや妊娠線が目立つことがあります。
これらは、放置しても改善しなかったり、回復が遅いことが多いです。
なぜなら、真皮の肌の代謝は遅く、年単位を要するからです。

ダーマペンは深度を調整することができるので、真皮層にアプローチし、コラーゲンなどの生成を促します。
クレーターや妊娠線は、ダーマペンで継続的に治療することで改善することが可能です。

5.ダーマペンは5日後から効果抜群!効果を実感するまでの道のり

ここでは、ダーマペンの効果が出るまでの期間、持続期間などについてくわしく解説します。

1)効果がで始めるのは5日後から

ダーマペンは肌が本来持つ自然治癒力を利用した治療のため、効果が出るまで5日ほどかかります。

施術直後は針穴の傷や赤み、軽い出血がみられますが、正常な経過なので心配ありません。これらの症状は1〜2日で落ち着き、5日〜1週間程度で施術前と同じくらいに目立たなくなります。さらに施術から2週間ほど経過すれば、施術前に比べて肌がきれいになったと実感できるでしょう。

2)1回の施術でも効果あり。は未実証!

大きな肌トラブルがない方は、1回の施術でキメやハリ感などの効果を実感できる可能性もあります。しかし、「1回で効果を発揮する」ということは臨床試験などによって実証されているわけではありません。

実際のところ、真皮まで及ぶニキビ跡(クレーター状やケロイド状のもの)や毛穴の開き、濃い色素沈着を1回の施術できれいにするのは難しいため、改善するには複数回の治療が必要です。

ダーマペンの効果は一人ひとりの肌質や状態によって左右されるため「治療を受けるべき回数」は個人差がありますが、5回程度で効果が現れる方が多いです。ただ、3~4週間は治療間隔を空ける必要があるので、半年〜1年程度の治療期間を想定しておきましょう。

3)「持続期間は1ヶ月」は未実証!

ダーマペン治療による効果の持続期間は1ヶ月という情報もありますが、肌の症状や状態によって個人差があるため一概には言えません。
「1ヶ月に1回程度の施術」を継続的に行うことで効果が実感しやすく、繰り返し施術すれば持続期間が徐々に長くなります。

6.知っておきたい!ダーマペンの痛みとダウンタイム

1)痛み

ダーマペンは針を刺す施術なのでチクチクした痛みがあります。
針の深度や施術部位によって痛みの度合いが違ったり、個人差があります。
麻酔クリームを使うことで痛みを抑えることが可能です。

2)ダウンタイムの期間と出る症状

ダーマペンのダウンタイムは、ハリを刺す深さによって異なります。
針の深さとダウンタイムの期間をまとめます。

針の深さダウンタイムの日数
0.2mm~(表皮)2日程度
0.8mm~(真皮)2~3日程度
1.5mm~(皮下組織)4~7日程度

ダウンタイムの症状で最も多いのは、赤みや腫れです。
また、肌の表面近くに、毛細血管という細い血管が無数に張り巡らされているので、ダーマペンがそれを傷つけて、出血や内出血を引き起こすことがあります。
ほかでは、施術によってターンオーバーが促されると角質が剥離し、皮むけが起こる可能性があります。
これらのダウンタイムの症状は、施術当日から出現し1週間程度で改善に向かうことがほとんどです。

7.効果が出やすいダーマペンの使い方・方法!

ここでは、ダーマペンの施術を受ける際の注意点や効果が出やすいダーマペンの治療方法を解説します。

1)セルフダーマペンは危険

最近では、ネット上で誰でも簡単にセルフダーマペンの機械を購入できます。セルフダーマペンならクリニックに行くより安いので気軽に施術できるものの、かえって肌を傷付けて症状を悪化させてしまう可能性が高いため非常に危険です。

そもそも「肌に針を刺す」というのは医療行為のため、自分で施術すると細菌などが皮膚に侵入して炎症を起こしてしまうリスクがあります。

また、ダーマペンは肌に対して垂直に針を刺す必要があるので、クリニックの医師や看護師は顔の曲面に合わせて施術できるよう「手首を返しながら針を入れるトレーニング」を行った上で施術をしています。しかし自分で施術する場合は手首をうまく返せず、針が斜めに入ったり擦れたりして肌が傷付きます。
たとえトレーニングを重ねた医師や看護師でも自分の肌に垂直にダーマペンの針を入れるのは難しいので、一般の方が自分で正しく施術するのはほぼ不可能です。

肌にダメージが加わると10年〜20年後必要以上に肝斑が発生してしまう可能性もあるため、絶対にセルフダーマペンには手を出さないようにしましょう。

2)クリニックで治療がおすすめ

ダーマペンの効果を最大限に発揮しやすいのは、クリニックで治療を受けることです。

ダーマペンは肌に微細な傷をつけてターンオーバーを促す医療行為のため、正しい知識や熟練した技術、衛生管理、アフターケアなどさまざまな点に留意しながら行う必要があります。

高い技術力が必要なダーマペンはセルフで施術するのが難しく、症状が悪化しやすいだけでなく肌トラブルや細菌侵入による感染症が発生してもすべて自己責任です。

その点、クリニックなら適切な知識を習得しトレーニングを重ねた医師や看護師が徹底した衛生管理のもとで施術を行うため、安全に治療を受けられます。また、アフターケアによる手厚いサポートも受けられるので、万が一施術後に肌トラブルが発生してもすぐに適切な対応をしてもらえる点も安心です。

「値段が安いから」「自宅でできて楽だから」という理由だけで安易にセルフで施術せず、ダーマペンは必ずクリニックで治療を受けましょう。

3)ダーマペンは種類で効果が違う

ダーマペンは機器も進化しています。
かつては、12本の極細針で1秒間に1300個の穴をあけるダーマペン3が主流でしたが、今では、先端に16本の極細針で1秒間に1900個以上もの微小な孔を肌にあけることができるダーマペン4が登場しています。
性能の高いダーマペン4がより高い効果を実感できます。

4)ダーマペンは針の深度で効果が違う

針の深さ期待できる効果
0.2mm~(表皮)ニキビ、美白、小じわ
0.8mm~(真皮)ニキビ跡、毛穴、しわ、たるみ
1.5mm~(皮下組織)クレーター、傷跡、妊娠線

8.ダーマペンの効果なし!と後悔しないおすすめのクリニックの選び方

1)ダーマペンを受けるクリニックの選び方のポイント

「ダーマペンで効果を感じない」また「後悔した」と思わない様にするためには、クリニック選びも大切です。

クリニックには、全国展開している大手美容クリニックもある、一方、個人経営や小規模なクリニックもあります。

どちらが良いということはありませんが、それぞれ特徴があります。

いずれの場合も次のポイントを参考にダーマペンを選びましょう

  • 最新機器「ダーマペン4」を導入している
  • ダーマペンの施術経験が豊富な医師や施術者がいる
  • ダーマペンにほかの施術を組みあわや薬剤の種類が豊富
  • 料金設定がリーズナブル
  • カウンセリングが充実している
  • クリニックのダーマペンの口コミや評判が良好

 

2)ダーマペンで効果を感じた症例

フローラクリニックのダーマペンとヒアルロン酸の施術の組み合わせの症例です。

施術直後に赤みがありますが、1週間経過では赤みは引いています。

また、肌のツヤがではじめています。

施術の組み合わせで効果を感じているケースです。

フローラクリニックのダーマペンの症例

<提供>東京池袋のフローラクリニック

 

2)まゆりなクリニック名古屋栄のダーマペンの症例

ダーマペンとマヌカマヌカフェイシャル5回の症例です。

マヌカフェイシャルは、ダーマペン4施術時にマヌカハニーを主成分としたCLRローションを組み合わせた新しい施術です。

 

5回の施術を通して、全体的なお肌の赤みが落ち着いて、毛穴も目立たなくなっています。

このDA77とマヌカフェイシャルは、ニキビ肌の方、毛穴が目立つ方に効果的でおすすめです。

しっかり5回通うことで効果を感じているケースです。

まゆりなクリニック名古屋栄のダーマペンの症例

<提供>まゆりなクリニック名古屋栄

このように適切なクリニックでダーマペンを受けると「効果なし」とはならないことがほとんどです。

 

<ダーマペンがおすすめのクリニックを選ぶなら>

札幌のダーマペンおすすめクリニック14選!安いのはどこ?

仙台のダーマペンが安い人気クリニック14選!クリニック選びの決定版!

名古屋のダーマペンが安いおすすめ人気クリニック10選!

大阪のダーマペンが安いおすすめクリニック20選!口コミは良い?|大手・個人経営別ご紹介

広島のダーマペンが安いおすすめクリニック12選!クリニック選びで迷わない!

福岡のダーマペンが人気のおすすめクリニック10選!安いのは?

 

<謝辞>

本記事の作成に際して、より適切な情報提供のためにダーマペンの症例をご提供いただきました東京池袋のフローラクリニック様及びまゆりなクリニック名古屋栄様に深く感謝申し上げます。

 

9.日常からできるおすすめお肌ケア

ダーマペンの効果を最大限に引き出すには、日頃からしっかりお肌のセルフケアを行うことが大切です。ここでは、日常でできるおすすめのお肌ケアを2つ紹介します。

1)正しいスキンケア

毛穴の中に古い角質や皮脂、メイク汚れなどが溜まると、毛穴の開きや詰まりが起こる原因となります。そのため、毛穴のトラブルを改善するには日頃から正しいスキンケアを徹底し、1日の汚れは必ずその日のうちに落とすことが重要です。

クレンジング前はハンドソープで手を洗い、皮脂の多い順(Tゾーン→頬・フェイスライン→口や目の周り)にメイクを落とすのがコツです。40〜50秒ほどかけてクレンジング剤をていねいになじませ、すすぎは30回以上を目安に行います。すすぎが不十分になると毛穴詰まりやニキビの原因になるため、ぬるま湯でしっかりすすいでください。

洗顔はきめ細かな泡をたっぷり使用し、ゴシゴシ擦らず優しくマッサージするように洗うのが重要です。クレンジングと同様、皮脂が出やすい部分から順に洗うのも大切なポイントです。すすぎは20回以上行い、柔らかいタオルで優しく水分を拭き取りましょう。

洗顔後はできるだけ早く基礎化粧品(化粧水、乳液、美容液、クリームなど)で保湿し、手のひら全体を使ってやさしく肌を押さえ、しっかり浸透させてください。毎日のスキンケアで十分に保湿することで肌がふっくら柔らかくなり、毛穴が目立ちにくくなります。

2)紫外線対策

紫外線は肌の老化を促進させ、シミやそばかす、シワ、たるみの原因となります。

晴れの日はもちろん曇りや雨の日でも紫外線は地上に降り注いでいるため、毎日の紫外線対策を徹底しましょう。屋外では、太陽からの直接光だけでなく反射光(壁や地面からの照り返し)や散乱光(直射光が大気中の分子に当たって散乱)も浴びることになります。
したがって、帽子や日傘だけでなく日焼け止めクリームやサングラス、長袖の服などで肌を守りましょう。

また、紫外線の中でもUVAは、窓ガラスも通り抜けるため屋内にいても対策が必要です。UVカットできるカーテンや日焼け止めを活用し、しっかり対策をとりましょう。

10.まとめ

人気の美容治療の1つであるダーマペンの効果について幅広く検証しました。
ときの「効果なし」と言われますが、それは間違いであることをご理解いただけたのではないでしょうか。
ダーマペンをはじめどんな施術であっても、向いている方、向かない方がいますし、効果には個人差があります。
それでも、ダウンタイムを適切に過ごしたり、施術後のスキンケアやエイジングケアを正しく行うことで、より効果を実感しやすくなります。
また、自分にあった美容クリニックを選ぶことや必要に応じて併用治療を行うことも、効果を高める手段です。
ぜひ、この記事をダーマペンを受ける際の参考にしていただければ幸いです。

SNS Share

\ この記事をシェアする /