ダーマペンはやめたほうがいい?失敗で肌が悪化して後悔するかも!

本ページはPRを含みます。


       

ダーマペンはやめたほうがいい、やって後悔したとの声も聞かれます。ダーマペンは肌に針で微細な穴を開けることで、肌の自然修復能力を引き出し、開いた毛穴やニキビ跡を改善する治療法です。しかし、デメリットや注意点もあり、効果がなかった、失敗したなどで後悔することも。この記事では、失敗の理由とそれを避ける方法をご紹介します。

この記事の監修医師
■経歴
1994年東京慈恵会医科大学医学部卒業
同大学皮膚科学教室
国立大蔵病院皮膚科
臨床研究部を経て
2000年 用賀ヒルサイドクリニックを開院
2017年9月23日六本木スキンクリニックを開院
■資格・所属学会
医学博士、日本皮膚科学会正会員、日本抗加齢医学会、日本赤十字医療センター登録医、日本医師会スポーツ認定医、日本温泉気候物理医学会 温泉療法医、日本旅行医学会認定医、トータルアンチエイジング、研究会副会長、日本アンチエイジング外科、美容再生研究会登録医
目次

1.ダーマペンで失敗や後悔したくない方へ

ダーマペンとは、ごく細い針で皮膚の真皮層に無数の穴を開ける施術です。

皮膚に穴が開くと、傷を修復するためにヒアルロン酸やコラーゲンなどの生成が促進され、肌のハリや弾力がアップします。また、肌のターンオーバーが正常化することでニキビ跡や毛穴の開き、色素沈着などの改善も期待できます。

また、ヴェルベットスキンやヴァンパイアフェイシャルなどといったほかの治療法との組み合わせで効果アップも期待できるため、人気の美容医療施術の1つとなっています。

<ダーマペンの効果と針の長さ>
ダーマペンの肌への作用と効果

<ダーマペンのメカニズム>
ダーマペンのメカニズム

一方、次のような声もネットやSNSで聞かれます。
「効果がなかったのでやめたほうが良い」
「やって逆に肌悩みが悪化して後悔している」
「痛すぎてつらい、ダーマペンは失敗かも」

これはどういうことでしょうか?
ダーマペンには、ダウンタイムや痛みなどのデメリットや肌に赤みが出るなどの副作用もあります。

そのため、ダーマペンの施術を受けて後悔している方がいるのは事実です。
また、1回で大きな効果が期待できるわけではないので、それが納得できない場合はやめたほうがいい方もいます。

この記事では、ダーマペンで起こりうる失敗、どんなことで後悔するのかについてご紹介します。また、それを避ける方法もあわせてご紹介します。

ダーマペンが気になるけど、施術を受けようかどうか悩んでいる方は、ぜひ、続きをお読みくださいね。

 

<監修医からのメッセージ>
ダーマペンは極細の針がついたペン型の医療機器のことで、一般的にはそれを使った施術も含めた意味で解釈されています。

肌に小さな穴を開けて傷が治ろうとする力を促すことで、真皮の線維芽細胞が活発になります。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの肌のハリ・ツヤ、潤いに大切な肌成分が増え、肌老化にともなう小じわや開き毛穴ほか、ニキビ跡などにも効果を発揮します。
メスを使わずにできてダウンタイムも長くないことから、多くの美容クリニックで取り入れられ、人気の施術の1つになっています。

一方、効果が出るまでには何度か施術が必要であったり、痛みやダウンタイムの過ごし方の注意点が多いなどのデメリットもあります。

そんなことから、施術を受けて後悔したり、やめたほうが良いと感じている方もいます。
しかし、多くの場合は、カウンセリングや診察でのコミュニケーション不足であったり、アフターケアが不十分なことが原因です。

私たち美容医療に携わる医師は、ダーマペンの施術で失敗と感じたり、後悔をしていただきたくありません。
カウンセリングや診察の際に、しっかりとダーマペンのメリット・デメリットをお伝えした上で、患者さんお一方お一方の肌悩みや症状に合わせて適切な施術を行いたい
と考えています。
ダーマペンにご興味のある方は、まずはお気軽にご相談ください。

 

<参考記事>

ダーマペンは効果なし?毛穴やたるみにいつから効果でる?

ダーマペン4の効果まとめ!値段やダウンタイムまで徹底解説

 

2.ダーマペンはやめたほうがいいといわれる理由やデメリット

ダーマペンは肌質改善に効果的ですが、ネットやSNSの口コミではネガティブな意見も挙がっています。そこで、ダーマペンのデメリットや施術をやめたほうがいいケースをご紹介します。

1)ダーマペンの治療は麻酔をしても痛みがある

ダーマペンは肌に穴を開ける治療のため、麻酔クリームを塗ってもしばらくすると「チクチク」「ヒリヒリ」とした痛みを感じることがあります。痛みの程度は針の長さや速度によって異なるものの、多くの場合は我慢できないほどではありません。

しかし、おでこや髪の生え際、鼻の頭、鼻筋など骨に近い部分や脂肪が多い部分、フェイスラインなど皮膚が柔らかい部分は、痛みを感じやすい傾向があります。

痛みに弱く、不安がある方は、針を入れる深さや麻酔を塗る厚さなどを事前に医師に相談して、術中の痛みを軽くする工夫をすれば良いでしょう。

そうすることによって、多くの方は痛みに耐えることが可能です。

とはいえ、痛みに弱い方や麻酔が苦手な方にはダーマペンの施術をやめたほうがいい場合もあります。

2)ダーマペンは効果が出るまでの治療期間が長い

ダーマペンは、肌の自然治癒力を利用した治療のため、施術直後ははっきりした変化が現れないことや効果が実感できないことがあります。しかし、施術後5日〜1週間程度経過すれば自然治癒による効果を実感できるようになり、約2週間後には肌のハリや弾力の改善が見られます。

また、肌のターンオーバーは1ヶ月以上の期間が必要なので、1回の施術ですべての肌細胞を入れ替えてきれいにすることはできません。とくに深いクレーター状のニキビ跡や濃い色素沈着は、5〜10回ほど繰り返しの施術が必要になるケースが多いのです。

しかし、即効性を期待したり、1度の施術で過度な効果を期待する方にとっては、失敗と感じてしまって後悔することもあります。

3)ダーマペンは施術費用が高い

ダーマペンの施術費用の相場は、1回15,000円〜20,000円で、5回の施術を受ければ75,000円〜100,000円ほどかかります。ダーマペンは1回で劇的な効果が現れる治療ではなく、繰り返しの施術が必要なため、トータル金額が大きくなってしまいます。

このほか、麻酔代やアフターケア代が追加でかかる場合もあるため、事前のトータル費用の予想よりも高額になってしまうこともあります。

そのため、自分が考えていたより出費がかさんで後悔する方もいます。

4)ダウンタイムが面倒

ダーマペンの施術直後は、肌が炎症を起こしている状態です。

また、針を刺す深さによりますが、1日〜7日程度のダウンタイムがあります。

そのため、施術直後からダウンタイムの過ごし方に注意事項がいくつかあります。

 

  • 当日はメイクできない
  • 肌が赤みを帯びていたり、かゆみがあったりする場合は数日間メイクを控える
  • 施術後12時間は洗顔や入浴を控える
  • 施術後、数日は激しい運動を控える
  • 施術当日に顔に水やボディーソープが付かないように注意が必要
  • 施術後、数日間は飲酒を控える
  • 外出時には日焼けの予防が必須
  • 施術後の保湿ケアを徹底する
  • スキンケアアイテムは敏感肌用など優しいものを使う

 

こうしたダウンタイムやその後の注意事項を守るのが苦手な方にはダーマペンは向いていないため、やめたほうがいい施術です。

5)副作用が耐えられない

ダーマペンは、肌に穴をあけるため、副作用として次のような症状が出ることもあります。

 

  • 炎症(赤み・腫れ)
  • 痒み
  • 発疹
  • 内出血
  • 皮が剥ける

 

こうした副作用が少しでもあると嫌という方には、ダーマペンは向かない施術です。

3.クリニックで起こるダーマペンの失敗事例3選!

実は、ダーマペンの施術で肌悩みが悪化したり、思わぬ肌悩みが出現することもあります。

1)針を刺すのが深すぎると色素沈着になることも

肌質や肌状態によって、ダーマペンの針を深く刺しすぎると、色素沈着が起こることがあります。

また、施術後に十分に紫外線対策をしなかったり、肌を触るなどでメラニンが蓄積して色素沈着が起こることもあります。

そもそも、メラニンは肌を守るために分泌されるのですが、ダーマペンの術後の肌はとても敏感な状態にあるので、メラニンによる色素沈着が起きる可能性が高くなっているのです。

 

これはやむを得ない場合もありますが、施術後のアフターケアや紫外線対策で防げることが大半です。

2)ニキビが炎症している場合潰れることも

本来、ダーマペンはニキビ跡を治療したり、ニキビができやすい肌質を改善するための治療です。

しかし、ニキビが炎症している赤ニキビや黄ニキビの状態で、ダーマペンの施術を受けると、針でニキビが潰れて悪化してしまう可能性があります。

その結果、治るどころかよりひどい状態になってしまい、失敗ということになるのです。

 

これは施術前に、医師がニキビの状態をしっかり診断し、炎症が治まるまでダーマペンを控えれば回避可能です。

3)クレーター状のニキビ跡の悪化もありえる

ダーマペンは、クレーター状のニキビ跡(萎縮性瘢痕)の改善も期待できます。しかし、針の深さが不適切な場合をはじめ、治療による刺激が強すぎたり、経験不足や技術が未熟な人が施術を行うと、悪化してしまうことがあります。

また、過度な回数の施術を行うことで、ニキビ跡に傷が残ってしまうことがあります。

 

これは、経験豊富で技術のある医師が適切な針の深さや回数を判断し、その上で施術を行えば防ぐことが可能です。

4.失敗の危険性大!セルフのダーマペンはやめたほうがいい理由

ネット通販では、自宅でできるセルフダーマペンのセットが販売されています。クリニックに行くより安いので使ってみたくなる方もいるかもしれませんが、失敗する可能性が高いためおすすめできません。ここでは、セルフのダーマペンの危険性を解説します。

1)悪化どころか肌トラブルも

医師の診察を受けずにセルフでダーマペンをすると、針を刺す深さの調整がうまくいかず、肌の状態が悪化してしまう可能性が高くなります。

ダーマペンは針を深く刺すほど効果が高いとは限らず、肌の状態を見極めながら深さを微調整する必要があります。クリニックなら経験豊富な医師が一人ひとりの肌の状態に合わせた施術を行いますが、セルフでダーマペンを使う場合は適切な針の深さがわからないため、肌を傷つけやすいのです。

 

さらに、ダーマペンは顔のカーブに対して針を垂直に刺す技術が非常に難しく、熟練した医師がていねいに施術を行っても、機械が擦れて肌が傷ついてしまうことがあります。そのため、一般の方がいきなりセルフでダーマペンを使っても針を真っすぐに刺せず、肌荒れや肝斑などのトラブルを招いてしまうのです。

2)施術失敗で後悔しないためには美容クリニックがおすすめ

本来、ダーマペンは医師の管理のもとで使用する必要があるため、ネット通販で購入できるダーマペンはクリニックで使用している機械とは異なります。セルフのダーマペンは厳密には「類似品」のため、クリニックで使用している機械より出力が弱く、思うような効果が得られないことも多いのです。

 

以上のことから、セルフでダーマペンを使用すると、効果を実感しにくいだけでなく肌トラブルの原因になります。

だから、ダーマペンは美容クリニックで施術を受けましょう。診察とカウンセリングを受けたうえで熟練した医師による施術を受けることで、安心して美肌を目指せます。

5.ダーマペンで失敗を避けるコツ~施術前にできること~

1)ダーマペンの特徴やメリット・デメリットを理解する

まずは、自分自身でもダーマペンのメリットやデメリットを理解しておくことが大切です。

今では、本メディア「ナールス美容医療アカデミー」ほか、ダーマペンに関する情報はウェブサイトにたくさん掲載されています。

それらを参考にして、ダーマペンの効果やメリット・デメリットなどを理解しておきましょう。

 

2)信頼できるクリニックを選ぶ

ダーマペンの施術で後悔しないためには、実績があり信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。安さだけで選ぶと失敗する可能性があるため、事前にクリニックの公式サイトを確認し、治療実績や症例、医師の経歴などをチェックして総合的に判断しましょう。「どの医師から施術を受ければいいかわからない」という場合は、ダーマペン4を採用しているかどうかを確認しましょう。

現在、ダーマペンといえばダーマペン4が最新バージョンです。

ダーマペン4は、旧タイプのダーマペン3と比べて、効果が出やすい上に、施術時間も短く、術中の痛みや術後の腫れが軽減されるよう改良されています。

だから、ダーマペンの失敗をさけるには、最新バージョンがおすすめです。

 

また、医師やスタッフの対応はGoogleマップやSNSなどの口コミも参考になります。あまりにも悪い口コミが多いクリニックは、避けたほうがよいでしょう。保証制度や施術後のアフターケアが充実しているクリニックならダウンタイムの不安も軽減され、初めての治療でも安心して受けられます。

 

ほかには、職場・自宅からの通いやすさや予約の取りやすさなどもチェックしましょう。

3)カウンセリングで不安な点を解消する

気になるクリニックがあれば、まず無料カウンセリングを受けて医師とコミュニケーションをとり、相性を確認しておくことも重要です。その際、「悩みに対して親身に相談に乗ってくれるか」「メリットだけでなく副作用やリスクに関する説明もあるか」も確かめましょう。

 

ダーマペンでは、開き毛穴やニキビ跡の改善効果が見込めますが、症状によっては1回ではまったく効果を感じない場合があります。

たとえば、ニキビ跡やすり鉢毛穴など、皮膚の真皮層にまでダメージがある場合は、10回以上の治療回数が必要になることがあります。

 

カウンセリングや診察で症状を診てもらい、おおよその施術回数や総費用などを確認することで、計画的に治療を受けることができます。

こうすることで、後悔や失敗の確率を下げることが可能です。

なお、希望していない施術まで強引に勧誘されたり、質問に対して明確な回答がなかったりした場合は、ほかのクリニックを検討したほうがいいでしょう。

6.施術後の失敗をさけるためにダウンタイムを正しく過ごそう

ここでは、ダーマペンのダウンタイムや主な症状、失敗しないための注意点をご紹介します。

1)ダウンタイムは針の長さによって2~7日程度

ダーマペンのダウンタイムは針の長さによって異なり、長い針を使用するほど「肌が回復するまでの期間」が長くなります。

ダウンタイムの長さは肌の状態によって個人差がありますが、短い針を使用すれば2日程度、長い針なら4日〜7日程度が目安です。肌質に合わせて針の長さを微調整することで、ダウンタイムを最小限に抑えられます。

ダウンタイム中は、入念なクレンジングが必要な濃いメイクは控えたり、アミノ酸系界面活性剤配合のクレンジングジェルなど、摩擦の少ないタイプのクレンジング料を使用しましょう。

2)肌の赤みや痒みを和らげるために

ダーマペンのダウンタイムでは、主に肌の赤みやかゆみ、腫れ、内出血、皮むけなどの症状が現れます。また、針を刺した穴がふさがるまでは、施術後12時間程度かかります。

 

とはいえ、ダーマペンはメスを使って皮膚を切開したり強いレーザーを照射したりする施術ではないため、症状は軽症であることが多いです。腫れている箇所にヒリヒリとした痛みが出ることもありますが、保冷剤などで冷やせば症状が和らぎます。 

3)施術直後は血行を良くする行為は控える

ダーマペンを施術した当日は赤みや腫れが出やすいため、血行が促進される行為を控える必要があります。

入浴や飲酒、激しい運動、サウナ、温泉などは、赤みが引くまでの数日間は避けましょう。翌日からはシャワーや洗顔、メイクも可能ですが、肌に刺激を与えないようにしっかり泡立てた洗顔料で優しく洗ってください。また、顔をタオルでゴシゴシ拭かないようにしましょう。

4)施術後は普段よりも紫外線対策はしっかりと!

施術後の肌は、乾燥しやすくバリア機能が低下しているため、紫外線を浴びると大きなダメージを受けてしまいます。

そのため、ダウンタイム中は、肌に優しいノンケミカル処方の日焼け止めや帽子、日傘、マスクなどを活用して紫外線対策を徹底する必要があります。

 

ただし、施術当日は日焼け止めの使用ができないのでマスクや帽子で紫外線を防ぎましょう。

あらかじめ「あまり外出せずにすむ日程」を選んで施術日を決めると安心です。

5)施術後のスキンケア&アフターケアは超重要

ダーマペンの施術後は、肌に無数の穴が開いて敏感な状態になっているため、入念なスキンケアが必要です。

ダウンタイム中は普段使用している化粧品でもしみることがあるため、ノンアルコールで刺激が少なく、セラミド配合美容液など保湿力が高いものや敏感肌向けのエイジングケア化粧品を使用することをおすすめします。一方、化粧水を顔に叩き込む(化粧水のパッティング)や長時間のフェイスマスクなどは控えましょう。

施術直後はあまり顔に触れないように意識し、当日はゆっくり休めるようなスケジュールを立てておきましょう。

6)ダーマペンの施術が合わない人もいる

ダーマペンは肌を傷つけて自然治癒力で美肌を目指す治療のため、肝斑がある方が受けると症状が悪化してしまう可能性があります。ただ、気になる部分にだけ集中的に照射できるので、肝斑のある部分を避けて施術を受けることも可能です。

 

また、ダーマペンの針は金属でできているため、金属アレルギーの方は施術を受けられません。そのほか、肌の状態や症状によってはほかの治療のほうが向いている場合もあるため、自己判断せずカウンセリングで専門医に相談しましょう。

7.「ダーマペンはやめたほうがいい」はウソ!メリットいろいろでおすすめの施術!

 

ダーマペンはいくつかのデメリットがあるものの、さまざまな肌の悩みを改善できることから人気が高い施術です。

また、多くの場合は、施術への理解と術前術後の注意によって、失敗や後悔を防ぐことが可能です。

つまり、「ダーマペンはやめたほうがいい」は誤解なのです。

ここでは、ダーマペンのメリットを5つ紹介します。

1)ニキビ跡の赤みや凹凸をつるんと美肌に

ダーマペンの施術を受けると、肌のターンオーバーが促進されます。すると古い細胞と一緒に「色素沈着のもとになるメラニン」が排出され、ニキビ跡の赤みが改善します。

 

また、重症化したニキビのダメージが真皮層にまで到達すると、傷ついた組織の再生ができずに皮膚がへこみ、デコボコとしたニキビ跡ができてしまいます。クレーター状のニキビ跡はセルフケアで改善するのが難しいですが、ダーマペンの治療を受ければコラーゲンの生産力が高まり、デコボコの肌がつるんと滑らかになるのです。

 

さらに、ダーマペンの施術を繰り返し受けることでターンオーバーが正常化し、新しいニキビもできにくくなります。

2)しわ・たるみの改善で肌にハリや弾力を出す

肌の若々しさを保つには、コラーゲンやエラスチンが必要不可欠です。しかし、コラーゲンやエラスチンをつくり出す「線維芽細胞」は加齢によって減少するため、ハリや弾力が失われてしまいます。

 

ダーマペンの治療を受けると、真皮が刺激されて線維芽細胞が活性化し、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されます。その結果、しわやたるみが改善され、肌のハリや弾力アップが期待できるのです。

3)ダーマペンと一緒に薬剤の湿布で美肌効果倍増?

ダーマペンの針で穴が開いた皮膚に薬剤を塗布すれば、美容成分が浸透しやすくなり、肌のハリ感や弾力がアップしてより高い美肌効果を実感できます。

 

たとえば、色素沈着やくすみにはメラニンの生成や炎症を抑える「トラネキサム酸」、しわの改善やハリ感アップには、コラーゲンやエラスチンなどの生成を促進する「成長因子」の塗布がおすすめです。

クリニックで医師に相談すれば「自分の肌にはどの成分が足りていないか」がわかるため、肌質や悩みに合わせて薬剤を選べます。

4)小型のペンタイプで細部のケアが可能<

ダーマペンはペンタイプの小型機器を使用しているため、目元や小鼻など細かい部分やフェイスラインなど湾曲している部分にも注射できます。また、症状や部位に合わせて針の深度を調整することで、クレーター状のニキビ跡や小じわなどの気になる部分への集中的なケアも可能です。

5)併用治療で効果アップが可能

ダーマペンには、針で穴をあけた肌に薬剤を浸透させることで効果アップを図る併用治療もあります。

たとえば、ダーマペンとマッサージピールを組み合わせた施術がヴェルベットスキンです。ダーマペンで肌に微細な穴をあけた後、マッサージピールの薬剤を塗布して、ハリ・ツヤのある肌へと導きます。

また、ダーマペンの施術後に専用の薬剤「ウーバープロ」を塗布するウーバーピールや、PRP皮膚再生療法で採取した血小板をダーマペンを用いて浸透させるヴァンパイアフェイシャルという治療法もあります。

このように、肌悩みや症状に合わせて併用治療が行えることもダーマペンのメリットです。

 

<参考記事>

ヴェルベットスキンの効果はいつから?必要回数や持続性を徹底解説 

ヴァンパイアフェイシャルとは?効果やダウンタイムなど全解説

ウーバーピールとは?毛穴への効果やマッサージピールとの違いを解説

8.まとめ

1回で劇的な効果を実感できなかったり、痛みなどから「やめたほうがいい」や「失敗だった」といわれることもあるダーマペン。

ダーマペンについて理解していただくために、デメリットやダウンタイム、副作用や逆効果・失敗例などをご紹介しました。

その上で、失敗や後悔を防ぎ、安全に施術を受けるコツをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。

ダーマペンは人気の美容医療の施術の1つで、ニキビ跡や毛穴の開き、小じわ、しみ・くすみのほかにも、毛孔性苔癬(二の腕のブツブツ)の改善や傷跡修正など、幅広い肌悩みや症状の改善が可能です。

ダーマペンが気になっている方は信頼できるクリニックを選び、疑問点や不安なことは無料カウンセリングで納得できるまで相談しましょう。

また、デメリットやリスクも理解した上で、自身で適切なアフターケアなども行って良い効果を実感しましょう。

この記事が、ダーマペンに興味があっても施術を迷っている方、また、失敗や後悔なく施術を受けたい方にとってお役に立てば幸いです。