美容医療のジェネシスとは?効果は何回目で表れる?値段は?

本ページはPRを含みます。


       

ジェネシスはマルチな美容効果が期待できるレーザー治療機。毛穴の開きやニキビやニキビ跡などが改善可能です。また、小じわ、赤ら顔、くすみなどにも効果的です。
そんなジェネシスの効果は何回目くらいで現れるか?また、値段は?などが気になるのではないでしょうか?この記事では、ジェネシスの効果や持続期間、メリット&デメリットから値段、施術の流れ、体験レビューを一挙ご紹介。

この記事の監修医師
■経歴
信州大学医学部卒業。
慶應義塾大学医学部整形外科学教室医員、稲城市立病院整形外科医長歴任後の2004年、東京都目黒区に「洗足整形・形成外科」開院。
総面積270㎡超の広々とした施設で、医師ほか、理学療法士、鍼灸マッサージ師、柔道整復師らがホスピタリティにあふれた治療を提供している。
■資格・所属学会
日本整形外科学会専門医、日本医師会認定産業医、日本レーザー医学会認定医、日本抗加齢医学会認定医。
日本股関節学会、日本人工関節学会、日本ペインクリニック学会の各会員。

たるみ毛穴の原因と対策の全てがわかる!|エイジングケア化粧品のナールスたるみ毛穴の原因と対策の全てがわかる!|エイジングケア化粧品のナールス

目次

1.ジェネシスとは?表皮深部に熱を与えるレーザー美容治療

ジェネシスとは、主に毛穴の開きや黒ずみの軽減、シワ、ニキビ、ニキビ跡、赤ら顔の改善に効果を期待できるレーザー治療です。

治療時の痛みが少なく、ダウンタイムもほぼないというメリットがあります。

<ジェネシスで改善できる肌悩み>
ジェネシスで改善できる肌悩み一覧

1)ジェネシスは進化したロングパルスYAGレーザー

米キュテラ社で開発された機器(ロングパルスYAGレーザー)で、皮膚から1~2cm離して中空照射し、表皮層に作用することで肌の代謝を促します。

従来のヤグレーザーより、安全性と美肌効果をさらに進化させたことがメリットです。

日本の厚生労働省に似た役割を持ち、食品や医薬品を取り締まっている機関「米国FDA(アメリカ食品医薬品局)」に治療効果の承認を得た、安心かつ安全な医療レーザー治療です。ただ本邦では未承認で、医師が海外から個人輸入をしているところがほとんどです。

ジェネシスの特徴は、低出力のロングパルス「Nd:YAGレーザー」を照射できる点。肌の深部まで届くため、肌質や肌の色の制限が少なく、色黒の方でも受けやすい施術です。YAGレーザーは、メラニン・オキシヘモグロビン・水のいずれにも吸収されるため、照射した組織の周囲をまんべんなくマイルドに加熱(42~43℃)することができます。

人間の皮膚は、傷ついたりダメージを受けたりした時に、コラーゲンが再生される特徴があります。この特徴を利用し、あえて熱ダメージを与えることで、コラーゲン再生を促し肌質改善を狙うのが、ジェネシスによる治療です。

また、ジェネシスはレーザーピーリング効果により、肌の表面の角質や汚れを取り除き、肌のターンオーバーの乱れを改善することができます。このように表皮・真皮どちらにも活力が戻り、肌のキメやハリを改善させます。その反面、組織をピンポイントで照射することは難しいため、特定の肌悩みを集中的に改善させることは苦手といえます。

主な色素(ヘモグロビンとメラニン)吸収スペクトラム

<参考記事>

YAGレーザーとは?シミへの効果やダウンタイムについて解説

2)皮膚治療複合機「Xeo(ゼオ)」のハンドピースの一種

ジェネシスは、米キュテラ社で開発された皮膚治療複合機「Xeo(ゼオ)」のハンドピースの1つです。ハンドピースとは、手で持つ柄の部分のことです。

つまり、「Xeo(ゼオ)」が機器本体でジェネシスは実際にレーザーを照てるパーツです。

ジェネシスは、メラニンとヘモグロビンの双方に吸収される1064nmの波長のレーザーを使用します。

「Xeo(ゼオ)」のハンドピースには、ジェネシス以外にもタイタンやライムライトと呼ばれるものがあります。

タイタンは、リジュビネーション用近赤外線ライトで、水分に良好に吸収される1100~1800nmの波長の光を使用します。

真皮をまんべんなく温め、コラーゲンの増成を促し、たるみを改善します。

ライムライトは、IPL(光治療)機で520~1100nmの波長の光を使用します。表皮性のシミ表在性血管病変を改善します。

Xeoは、このようにハンドピースを使い分けることで、表層から深部まで幅広い層にアプローチし、様々な肌悩みや肌老化に対応できます。

<参考記事>

IPLの効果は何日後に表れる?治療にかかる期間や回数について解説

3)ジェネシスは進化している

ジェネシスには、ジェネシスVと呼ばれるはジェネシスの後継機があります。

ジェネシスVは従来のジェネシスを改良して開発された、新しいレーザー治療機です。

ジェネシスVは温度センサーが内蔵されているため、施術する医師などは、照射しながら、皮膚温の計測が可能です。

また、照射レンズのサイズが大きくなったため、熱がより皮膚組織の奥深くまで届くようになっています。そのため、少ないショット数で施術が行えるようになりました。

医療機関によっては、次のように呼び方は異なることがありますが、すべてジェネシスVのことです。

  • ジェネシス・ネオ
  • プレミアム・ジェネシス
  • ジェネシスII
  • スーパー・ジェネシス
  • ジェネシス・プロ

 

<監修医からのメッセージ>
ジェネシスは、毛穴の開きやニキビ跡をはじめ1つの施術でマルチナ美容効果を発揮する美容治療機の1つです。
施術直後から効果を実感できるほか、 痛みやダウンタイムをほとんど気にすることができない点もメリットです。
とはいっても、人によっては痛みがあったり、 施術後、赤みやほてりが出る場合もあります。
また、オールラウンドに効果を発揮する一方でシミやシワ、たるみでは専門機に比べると効果がマイルドなのでその点が期待と異なる可能性もあります。
ジェネシスは、とても良い治療法の1つですが、施術を受ける前に、医師と話し合って、ご自分の肌悩みやニーズの合うかを確認しましょう。

2.ジェネシスの美容治療で改善できる6つの肌悩み

人の肌は、内側から新しい細胞が生まれ、古くなった細胞は垢となって、外へ押し出される「ターンオーバー」を繰り返しています。シミ、くすみ、クマ、毛穴の開き、ニキビなど様々なお肌のトラブルは、このターンオーバーの乱れが大きな原因の1つとなっている場合が多いのです。そういったトラブルの改善にジェネシスが役立ちます。以下に、ジェネシスで改善できる肌悩みを7つ紹介します。

1)毛穴の開きやたるみ毛穴を改善

ジェネシスは1064nmと長い波長のため、毛穴の深さまでレーザーを届かせることが可能です。ジェネシスのレーザーを照射することによって毛穴を引き締め、真皮上層部で線維芽細胞が活性化し新たにコラーゲンが生まれます。その結果、肌にたるみ毛穴が改善し肌のハリをもたらします。

また、レーザーピーリング効果で毛穴の詰まりが取り除かれるので、毛穴の開きが目立たなくなります。その結果、肌のキメが整い、たるんだ毛穴の改善効果が期待できます。

<毛穴の開き>
開き毛穴
<毛穴のたるみ>
毛穴のたるみ
<参考記事>

たるみ毛穴を改善するエイジングケア!原因・症状と10の対策

毛穴の開き・黒ずみ・たるみの治療!費用と美容クリニックの選び方

2)ハリUP・キメを整えて小じわを改善

ジェネシスのレーザー照射は、皮膚の角質層から真皮上層に働きかけます。コラーゲン、エラスチンの再生を促し、肌のキメを整えハリをUPさせます。特に、肌のハリは施術直後から感じられる方も多いです。またハリが戻ることで、小ジワの改善やリフトアップも期待できます。ジェネシスを受けることで、若々しい明るい印象に近づきます。

3)赤ら顔やニキビを改善

赤ら顔(酒さ・毛細血管拡張症)とは、常に顔が赤みを帯びた状態になってしまう症状のことです。何らかの原因により、血管を収縮する力が弱まり、拡張したままになることで、常に顔が赤みを帯びた状態になるとされています。赤ら顔は、寒暖の差が激しい寒い地域の方に多い傾向にあります。

ジェネシスはこの赤ら顔の治療法としても有効です。レーザーがヘモグロビンの赤い色素に働きかけ、毛細血管の拡張を抑制します。その結果、顔面の赤みを目立ちにくくする効果を期待できます。顔全体に広くレーザーをあてるので、広範囲にわたる赤みも改善できます。複数回、治療を受けることで少しずつ効果を実感できます。

<ニキビ>
ニキビ第2段階

4)目の下のクマを改善

目の下は、毛細血管が多く存在する部分です。皮膚が薄く、皮下脂肪が少ないため眼精疲労や寝不足、運動不足、不摂生などで目元が血行不良になったり、うっ血したりすると毛細血管が透けて見え、青いクマとなって現れます。

こうした目の下のクマにもジェネシスは有効です。ジェネシスから出る熱エネルギーは細胞を活性化させ、血行を促進させる効果があります。コラーゲンの生成が促され、目元のハリ、くすみ、青クマが改善し、若々しい印象になります。

<目の下のクマ>
目のクマの種類と原因

5)ニキビ跡・クレーターを改善

ジェネシスは、ニキビ跡の赤みやクレーターにも効果が期待できます。ニキビ跡による肌の赤みや色素沈着は、メラニン色素やヘモグロビンが原因です。ジェネシスの照射によって肌のターンオーバーを正常に保ち、メラニン色素やヘモグロビンの排出を促して症状を改善します。

皮膚の凹みであるクレーターは、ニキビの炎症によって真皮層の組織が破壊され、新しい皮膚の回復が遅くなることで起ります。ジェネシスを使い、皮膚の奥にエネルギーを与えることで、皮膚細胞の再生を促し、凹みを改善することが可能です。

<ニキビ跡>
ニキビ跡の第3段階

<クレーター毛穴>
クレーター毛穴
<参考記事>

6)メラニンを排出してシミを改善

ジェネシスは、表皮の角質を取り除くピーリング効果によってターンオーバーを促し、シミの原因であるメラニンを排出する効果があります。

ターンオーバーの乱れるとメラニン色素は、肌から排出されにくくなって、シミとして肌内部に留まります。ジェネシスでターンオーバーを改善すれば、シミが改善し肌のくすみが目立たなくなります。また、透明感のある肌も手に入ります。

7)産毛の脱毛効果や角質ピーリング効果で肌のザラつきを改善

ジェネシスのロングパルスYAGレーザーは、皮膚の深くまで浸透して毛根を破壊します。そのため、永久脱毛とまではいきませんが、産毛を脱毛させる効果があります。ツルツルしたお肌になり、メイクのノリも良くなりますよ。男性の場合、顔剃り代わりにされている方もいます。ニキビで顔剃りできない方には、特におすすめです。

またジェネシスは、レーザーピーリング効果で肌表面に溜まってしまった古い角質を取り除く効果があるため、表皮のターンオーバーを促進し、肌のザラつきを改善させることもできます。イベントやパーティーなど特別な日の直前に、スペシャルケアとして受けることもおすすめです。



3.ジェネシスの施術の流れ

施術時間は10~30分ほど。照射の流れは以下の通りです。

1)カウンセリング&診察

施術の前に医師の診察を受けるともにカウンセリングを行います。

肌質や肌状態を確認してジェネシスが適するかどうかか医師が判断します。

ここで、期待することや不安なことや既往歴などについて話しましょう。

施術内容や金額に納得すれば、同意書に署名します。

2)洗顔・クレンジング

メイクや汚れを落とすために、クレンジングまたは洗顔します。

また、うぶ毛が濃い方は、あらかじめ顔剃りが必要なこともあります。

3)ゴーグルで目の保護

ゴーグルで目の保護をします。ジェネシスが初めての場合は、この時テスト照射を行い、問題が無いことを確認します。

4)施術

顔全体にレーザーを照射します。

施術中のジェルの塗布は基本的に不要です。皮膚から1~2cm離して照射するため、直接肌に当たりません。そのため、肌の負担が少なく済みます。痛みはほとんどなく、じんわり暖かみを感じる程度です。

また、電気的治療ではないので、神経・血管の損傷のリスクもありません。

ジェネシスVなら、ハンドピース先端で皮膚表面の温度を確認しながら、肌までの距離を測定し照射するため、より安全性が高くなります。

ショット数が正確にカウントされ、終了です。

5)施術後のクーリング

治療後はクーリングを行います。

洗顔も可能で、保湿剤や鎮静用のフェイスパックなどでお肌を整えます。

その後、そのままメイクして帰宅できます。

人によっては、治療後にヒリヒリした感覚や赤み、腫れが生じる可能性もありますが、この症状はほとんどの場合、数時間~3日でおさまります。

4.ジェネシスの美容効果が実感できるのは?回数は?

1)1回目の治療から効果がある

ジェネシスはくすみやたるみ、毛穴の開きなど、様々な肌悩みにアプローチできる治療法です。ジェネシスは表皮・真皮に働きかけて、肌の新陳代謝を促し、美肌に近づけます。1回の施術でもお肌がツルツルになり、美白効果を実感できるケースがほとんどです。くすみが取れ、化粧ノリがアップしたと感じることもあるでしょう。ただし複数回継続して治療を受けた方が、より効果を実感しやすく、美肌を維持しやすいとされています。

2)ジェネシスの美容効果を出す治療回数や頻度

「ジェネシスは何回受けたらいいの?」と疑問に思う人も多いでしょう。ジェネシスは1回の治療で効果を実感される方もいますが、2~3週間に一度のペースで5回ほど続けることで、より高い効果が期待できます。症状の改善が見られたあとも、美肌を維持するため1~2ヶ月に1回の間隔で施術を受けると効果を持続させやすいです。



5.ジェネシスのお値段の相場は?目安は15,000円~40,000円

気になるジェネシスのお値段ですが、相場は1回15,000円~40,000円です。ジェネシスは公的医療保険が適用されないため、自費診療となります。そのため、美容皮膚科クリニックで自由に価格が決められます。一般的にレーザーを使った美容治療が、1回あたり10万円程度であるため、ジェネシスは比較的安価な施術といえます。エステ感覚で治療を受ける方もいます。

また、ジェネシスは1回の治療も可能です。初めてジェネシスを受ける方は、1回治療を受けて、2回目以降も継続するか検討しても良いでしょう。初回は割引価格で治療を受けられるところもあるので、事前にチェックしておくのがおすすめです。

また、クリニックによっては、3回や6回など複数回のコースを設定しているところもあります。長期間通う場合は、単発で治療するよりも複数回のコースを契約した方がお得ですよ。

ジェネシスの料金は「顔全体1回〇〇円」と回数ごとにプランを設定しているところもありますが、ショット数で料金を設定しているクリニックもあります。ちなみに、顔全体にジェネシスを照射する場合は6000~8000ショット程度が目安です。

6.ジェネシスの3つのメリット

ここからは、ジェネシスの3つのメリットについて紹介します。他のレーザー治療と比較した際の特徴も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1)治療中の痛みがほとんど無い

一般的にレーザー治療は痛みを伴うもの、というイメージを持つ方も多いでしょう。しかし、ジェネシスは施術中の刺激が少ないことが特徴です。痛みのある治療が苦手という方でも、比較的受けやすい施術と言えます。

施術は温かいお湯を浴びているような感覚で、顔が少しほてるような感覚を感じる人が多い傾向です。基本的に麻酔は不要です。皮膚の色素に反応するため、髭や産毛に反応した場合は、強い静電気のような痛みを感じる可能性はありますが、基本的に濃い髭や色素の場所は避けて照射します。

2)ほぼダウンタイムがない

ダウンタイムとは、治療後から治るまでの回復期間を指します。個人差はあるものの、ジェネシスはダウンタイムがほぼありません。痛みも少なく、照射することで炎症が起こったり、傷がついたりする可能性は少ないでしょう。

肌へのダメージが小さいため、同日に他の治療と併用することも可能です。クリニックによって対応は異なりますが、施術後のアフタートリートメントは、施術当日の夜のみ外用薬を処方するところが多い傾向です。

手間がかからず、時間のある時に気楽に受けられるため、忙しい現代女性にうってつけのケアと言えます。治療終了後はメイクをしてそのまま帰ることができます。オールシーズン治療が可能なので、エステ感覚で気軽に受ける人も多いです。

3)マルチ効果で美肌メンテナンスとして利用するのに最適

ジェネシスは、さまざまな肌悩みにマルチナ効果を発揮します。また、治療時間は10~30分程度と比較的短く、痛みも少ないため気軽に受けられます。施術後はすぐにメイクできるため、お仕事中の休憩時間に受ける方もいるようです。

また、お肌の全体的なコンディションを良くしたいという方や、結婚式などのイベント前の美肌メンテナンスとしてジェネシスを受けられる方もいます。様々な肌悩みを抱えているけど、マイルドに治療したい方におすすめです。



7.ジェネシスの2つのデメリット

ここからはジェネシスのデメリットを2点紹介します。比較的気軽に受けられるジェネシスですが100%リスクがないとは言い切れません。施術を受ける前にデメリットもしっかり確認し、治療をするか検討しましょう。

1)通い始めは高い頻度で施術を受けなければならない点

ジェネシスはマイルドな治療のため、通い始めは複数回の治療が必要になるケースがほとんどです。そのため、肌質改善までに時間がかかります。また、治療効果の持続期間は6か月程度で、長期的な効果を得るためには、定期的に治療を受ける必要があります。医師と相談し、どの程度まで改善させたいのか、治療に使える予算はどのくらいか伝えてから治療を開始すると良いでしょう。

2)他の機種より効果がマイルドな点

メリットとも言えますが、ジェネシスは効果がマイルドに現れます。ジェネシスは肝斑や炎症後色素や毛穴の開きなど、様々な肌悩みにアプローチできる治療法です。その反面、効果が実感できるまで、複数回治療が必要なケースもあります。ピンポイントで気になるお肌の悩みがある場合は、ジェネシスではなく、他の治療方法を選択した方が効果的です。自分の肌悩みを医師に相談し、適切な治療を受けるようにしましょう。

3)どんな施術も0リスクではない

痛みやダウンが小さいジェネシスですが、肌質の個人差、肌状態や体調などによってヒリヒリ感・ひきつり感・ほてり・赤みがみられることがあります。

いずれの症状も照射後、数時間で落ち着いてくるものですが、万が一、気になる症状が続く場合は、速やかに施術を受けた美容クリニックに相談しましょう。

また、毛穴が引き締まることによって、一時的に白ニキビができることもあります。多くの場合1週間前後で治まります。もし、1週間経過しても症状が続く場合は、施術を受けた美容クリニックに相談しましょう。

4)体質によってはジェネシスを受けられない点

皮膚炎、糖尿病、光線過敏症、心臓疾患、脳疾患、悪性腫瘍がある方はジェネシスによる治療を受けることができません。さらに、妊娠中や授乳中の方も適応外です。また、金の糸を入れた方やリウマチの治療などで金製剤を内服している方が禁忌となっていますので、診察前にクリニックに相談しましょう。

8.ジェネシスの効果を維持するのに気をつけるべきこと3選

ジェネシスの治療の後は、前の章でもお伝えした通り、まれに肌の赤みや軽度の腫れなど、炎症が生じることもあります。ほてりを感じることもありますが、通常は数時間で落ち着いてきます。気になる場合は医師に相談し、アイスパックなどでクーリングをしましょう。

施術当日は過度の飲酒、激しい運動は避けてください。以下に基本的な注意事項を紹介します。

1)紫外線を浴びないようにUVケアは万全に

シミやソバカス、色素沈着、肌の炎症を防ぐためにも、日頃からUVケアをすることは重要ですが、ジェネシスの治療期間中はより徹底した紫外線対策が必要です。

ジェネシスの施術後は、肌が敏感になっているので、紫外線の影響を受けやすい状態です。しっかり紫外線対策をし、肌を刺激しないよう心がけましょう。外出する際は、日傘を使用して直射日光をあてないようにする、日焼け止めクリームを塗るなどしてUVケアをしましょう。

また、過度に日焼けをしている場合は、熱傷を引き起こす可能性があります。そのため、ジェネシスによる治療が受けられない場合もあるのでご注意下さい。

2)入念な保湿ケアで肌の乾燥を防ぐ

レーザー照射後のお肌は、表面の古い角質がピーリングされているため、乾燥しやすくなっています。放っておくと炎症の原因になるため、しっかりと保湿をしましょう。

3)肌をこするなどの強い刺激や摩擦を避ける

繰り返しになりますが、レーザー照射後はお肌が敏感で炎症が起きやすい状態です。洗顔をする際は、ピーリング洗顔や酵素洗顔、スクラブ入りの洗顔フォームの使用は避けるのが無難です。たっぷりの泡で包み込むようにやさしく洗顔しましょう。洗顔後も、タオルでゴシゴシこすって刺激をしないよう注意して下さい。優しく水分を吸い取るように拭きましょう。

9.ジェネシス受けてみた!体験レビュー

準備中

10.まとめ

ジェネシスの効果や持続期間、メリット&デメリットから値段、施術の流れ、体験レビューまで幅広くご紹介しました。

いかがだったでしょうか。

ジェネシスはダウンタイムを気にせず、やさしいレーザー治療を探している方におすすめの美容施術です。

日頃からスキンケアを心がけていても、年齢を重ねるとともに毛穴の開きや肌のくすみ、小じわなどが気になってきた、という方は多いのではないでしょうか?一般的には30代以降が、お肌の曲がり角といわれています。肌悩みを放置しておくと、さらに症状が悪化する場合があるため、早めにクリニックで適切な治療を受けることが大切です。また、メンテナンスを続けることも大切です。

ジェネシスはそんな方にピッタリの美容治療です。