エレクトロポレーションの効果はいつから?頻度や回数、間隔は?

本ページはPRを含みます。


       

エレクトロポレーション(電気穿孔法)とは、専用の美顔器を使い電気の力で肌の奥まで美容成分を行き届かせる美容施術です。イオン導入では浸透させることができない美容成分まで肌の奥へ届けることが可能です。その結果、肌のキメを整えてハリ・ツヤをアップさせ、しわやシミを改善することができます。

この記事の監修医師
■経歴
1994年東京慈恵会医科大学医学部卒業
同大学皮膚科学教室
国立大蔵病院皮膚科
臨床研究部を経て
2000年 用賀ヒルサイドクリニックを開院
2017年9月23日六本木スキンクリニックを開院
■資格・所属学会
医学博士、日本皮膚科学会正会員、日本抗加齢医学会、日本赤十字医療センター登録医、日本医師会スポーツ認定医、日本温泉気候物理医学会 温泉療法医、日本旅行医学会認定医、トータルアンチエイジング、研究会副会長、日本アンチエイジング外科、美容再生研究会登録医

毛穴による黒ずみの原因と対策の全てがわかる!|エイジングケア化粧品のナールス
毛穴による黒ずみの原因と対策の全てがわかる!|エイジングケア化粧品のナールス

血行不良等のくすみの原因と対策の全てがわかる!|エイジングケア化粧品のナールス
血行不良等のくすみの原因と対策の全てがわかる!|エイジングケア化粧品のナールス

目次

1.エレクトロポレーションとはどんな施術?

エレクトロポレーションは、ハーバード大学とMIT(マサチューセッツ工科大学)で共同開発された技術で、日本語では電気穿孔(せんこう)法と呼ばれる美容医療の施術の1つです。

無針メソセラピーと呼ばれることもあります。

専用の美顔器を使って、肌へ電圧をかけることで、細胞と細胞の間に微細な隙間を開けます。

空いた隙間にさまざまな美容成分を通して、肌の角質層より奥のところにまで届ける施術です。

針を使わないため痛みのリスクも小さく、内出血や腫れなどのダウンタイムもありません。

だから、次のような方が、大きな痛みや刺激もなく受けることができる治療法です。

  • 肌質を改善して、美肌を維持したい
  • 毛穴の悩みを改善したい
  • 目元の小じわを改善したい
  • たるみやしわが気になる
  • シミやくすみ、肝斑が気になる

この施術の効果の秘密は、美容成分を肌の奥に届けるメカニズムとさまざまな美容成分を使えることにあります。

これがさまざまな肌悩みに効果を発揮する理由です。

また、エレクトロポレーションは、イオン導入と似ていますが、大きな違いがあります。

この記事では、そんなエレクトロポレーションの効果やメリットデメリット、イオン導入との違い、施術の流れなどをご紹介します。

 

<監修医からのメッセージ>
誰もが年齢による肌老化を実感します。
肌の老化を防ぎ、美しい肌をキープするためには、肌再生に大きな役割を果たすEGFやFGFなどの成長因子を肌で分泌させることが大切です。
しかし、加齢によって成長因子は減少してしまうため、外部から導入することも必要です。それができる美容医療の施術の1つが、エレクトロポレーションです。
電気の力によってできる針で無数の小さな穴を開けることで、EGFやFGFなどの成長因子の導入が可能です。また、セラミドやヒアルロン酸など、従来のイオン導入では肌の奥に届けることができなかった成分も導入することができるため、潤いアップの効果も期待できます。もちろん、ビタミンCやトラネキサム酸、アミノ酸など、イオン導入で使える成分もより浸透させることが可能です。
さらに、エレクトロポレーションは、ダウンタイムが少なく痛みも小さいうえに、短時間で気軽に施術を受けることができるのもメリットです。
だから、初めて美容医療を受ける方にもおすすめの施術の1つです。
それでも、人によっては痛みを感じたり、肌に赤みが出る場合もあるので、カウンセリングでデメリットについても理解することが大切です。施術を受ける際は、カウンセリングで不安な点や不明点を、医師にしっかり確認しましょう。

2.エレクトロポレーションの効果の秘密とイオン導入との違い

1)電気で皮膚に小さい穴を開けて美容成分を肌深部まで導入

短い電気パルスによって細胞膜に微小な穴(電子孔)を開け、たくさんの隙間をつくります。

その穴から美容成分を送り込んで肌の奥へ浸透させます。

エレクトロポレーションは、もともとはがん治療のために開発された遺伝子導入の技術で、それを美容医療に応用したものです。

この技術で、ヒアルロン酸やコラーゲンのような分子の大きな美容有効成分を肌の表皮の基底層や真皮層へ届けることが可能となりました。

 

なお、電子孔は、電気が流れている間のみ形成されます。だから、施術後にすぐに修復するため穴が傷となるリスクはありません。

そのため、赤みや腫れが出にくく、ダウンタイムがほとんどないというメリットがあります。

 

<イオン導入とエレクトロポレーションの浸透の違い>

 

エレクトロポレーションとイオン導入の違いを表した図

 

2)高濃度美容成分を肌深部まで浸透させて高い美肌効果が期待できる施術

エレクトロポレーションで使える成分には、EGFFGFなどの成長因子、ヒアルロン酸、トラネキサム酸、ビタミンCなどがあります。

これらのさまざまな美容成分が肌悩みに応じた効果を発揮します。

たとえば、成長因子は細胞分裂を活発にするため、線維芽細胞が活性化して肌の若返りを助けます。また、ターンオーバーの改善にも有効です。

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸は、シミやそばかすを抑え、美白・美肌に効果的です。

 

3)エレクトロポレーションとイオン導入の違いは?

イオン導入は、肌に微弱な電流を流し、イオン化が可能な美容成分を肌の深層部まで導入できる施術です。

イオン導入に向く美容成分の条件としては、次の3つです。

  • 水溶性である
  • 分子量が小さい
  • マイナスイオン化しやすい

 

これらの条件を満たすのは、次のような成分です。

  • アミノ酸またはアミノ酸誘導体(ナールスゲン、トラネキサム酸など)
  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 両親媒性ビタミンC誘導体(APPSなど)
  • プラセンタ
  • トレハロース
  • グリシルグリシン

 

イオン導入は、通常の化粧品よりも高い効果を発揮しますが、エレクトロポレーションと比べると使える美容成分が限られている点や浸透性が劣ります。

 

<導入成分の違い>

導入成分エレクトロポレーションイオン導入
トラネキサム酸    〇    〇
アミノ酸    〇    〇
ビタミンC誘導体    〇    〇
ビタミンA    〇    〇
プラセンタ    〇    〇
グリシルグリシン    〇    ×
成長因子(EGFやFGFなど)    〇    ×
アルジルリン    〇    ×
ヒアルロン酸    〇    ×
セラミド    〇    ×
コエンザイムQ10    〇    ×

 

逆にいえば、エレクトロポレーションでは、導入できる美容成分・有効成分の種類が増えるので、イオン導入では改善が難しい肌悩みの改善が期待できます。

また、エレクトロポレーションの浸透力は、イオン導入の約20倍いわれています。そのため、美容成分をより肌の深部に浸透させる効果が期待できます。

さらに、イオン導入はイオン化にともなうpH変化により、肌への刺激のリスクがあります。一方、エレクトロポレーションはpHの変化がないので、その点も安心です。

 

エレクトロポレーションの浸透性を表した図

 

<参考記事>

イオン導入の効果まとめ!シミやたるみに効果が出るまでの期間はどのくらい?



3.エレクトロポレーションの効果はいつから実感できる?

エレクトロポーションの効果が実感できる回数や施術間隔について解説します。

 

1)「効果がない」は嘘!1回からでも効果が実感できる

エレクトロポレーションは、1回でも「トーンアップ」「潤いアップ」「毛穴の開きの改善」などの効果を実感しやすい施術です。

しかし、1回では大きな効果を感じられないこともあります。

施術を繰り返すと効果が持続しやすくなるので、複数回施術を受けることをおすすめします。

 

また、効果の出方には個人差があるため、肌悩みが改善する前にやめてしまうと「効果がない」と感じるかもしれません。

エレクトロポレーションは永久的な効果を得られるわけではないため、美肌を維持するには5回程度の継続的な施術が必要です。

 

2)エレクトロポレーションは1週間~10日間隔に1度の頻度が目安

エレクトロポレーションは、繰り返しの施術によって肌質を改善させる美容医療のため、1週間~10日に1回を目安にクリニックに行く必要があります。その後は、メンテナンスとして月1~2回の施術を繰り返すことで肌の再生が進み、美肌をキープできます。

 

4.エレクトロポレーションの4つのメリット

エレクトロポレーションのメリットを4つご紹介します。

 

1)ダウンタイムが少ない

エレクトロポレーションは針を使わない施術のため、肌への負担が少なく、ダウンタイムが少ないのが大きな魅力です。専用の電気パルスによって細胞膜に微細な穴を開けて美容成分を浸透させますが、電圧を下げると穴はすぐに閉じます。

そのため、施術当日から洗顔や入浴、メイク、運動、飲酒などが可能なので、普段どおりの生活ができます。

 

2)比較的気軽にいつでもできる

エレクトロポレーションは、美容クリニックや使う薬剤で違いはありますが、10,000円〜20,000円前後で施術を受けることができます。

また、エレクトロポレーションの施術時間は15~30分程度のため、仕事やプライベートが忙しくてもスキマ時間を有効活用しながら通えます。

さらに、肌への負担が少なく禁止事項もほとんどないため、仕事などの都合でダウンタイムが長くとれない方も気軽に施術を受けることができます。

 

3)使う美容液によってさまざまな肌悩みを改善できる

エレクトロポレーションは導入する美容成分を選べるため、一人ひとりの肌の悩みに合わせて施術を受けられます。

たとえば、うるおいアップやしわの改善にはヒアルロン酸、肝斑治療にはトラネキサム酸、くすみ改善にはビタミンC誘導体やビタミンE、毛穴の開きにはグリシルグリシンなどが効果的です。

施術を受ける前はカウンセリングで肌悩みをしっかり共有し、医師と相談しながら肌の状態に適した美容成分を選ぶことが重要です。

また、顔だけでなく背中などにも施術が可能です。

 

4)化粧品だけやイオン導入のケアよりも早く効果実感できる

エレクトロポレーションは肌の深層部まで有効成分を導入できるため、エイジングケア化粧品やイオン導入よりも効果を早く実感しやすいのが特徴です。エイジングケア化粧品やイオン導入よりも成分浸透率が高く、1~2週間ほどで肌のみずみずしさを感じることができます。

 

5.エレクトロポレーションの2つのデメリット

エレクトロポレーションには多くのメリットがありますが、少ないながらデメリットもあります。ここでは、エレクトロポレーションのデメリットを2つ紹介します。

 

1)軽い痛みを感じることがある

エレクトロポレーションは、電気パルスによって細胞膜に隙間をつくるだけなので、痛みを感じることは少ない施術です。

ただ、肌が敏感な状態の時や乾燥している時には、ピリピリとした刺激を感じることがあります。この場合は、電圧を調整したり、事前に肌への保水を行うことで痛みを抑えることが可能です。

また、施術を受けないほうが良い場合もあります。

敏感肌の方や肌荒れがひどい方は、施術を受ける前のカウンセリングや診察時に美容クリニックの医師に相談しましょう。

 

2)赤みやほてりなどの炎症が出ることがある

エレクトロポレーションによる電気刺激や冷却、肌内部の水分量増加などが原因で、施術後に赤みやほてりなどの症状が出る場合があります。しかし、ほとんどは一時的な反応のため、通常は数時間〜数日程度で治まります。

また、エレクトロポレーションは美容成分を肌の深層部まで導入する施術のため、肌に合わない成分を使用するとかゆみやヒリヒリ感などが現れることがあります。施術中に違和感が生じた場合は我慢せず、医師に伝えるようにしてください。



6.エレクトロポレーションで得られる効果!どんなときにおすすめ?

 

エレクトロポレーションで得られる7つの効果について、肌悩み別に解説します。

 

1)毛穴の開きが気になる時

毛穴の開きが気になる時は、グリシルグリシンを導入して不飽和脂肪酸の酸化を抑制することで改善できます。また、ターンオーバーも正常化してくれるため、毛穴の詰まりを解消する効果も期待できます。

 

開き毛穴

 

<参考記事>

毛穴ケアで黒ずみや開きをなくす!?目立つ毛穴の原因と対策

毛穴の開き・黒ずみ・たるみの治療!費用と美容クリニックの選び方

 

2)シミや肝斑が気になる時

シミや肝斑が気になる時は、「ビタミンC」を導入することで改善効果が期待できます。ビタミンCは、シミやくすみの原因となるメラニン合成酵素であるチロシナーゼ活性を抑制するため、色素沈着した目の下のクマにも効果的です。「プラセンタ」も導入でき、血行促進効果によってくすみの改善に役立ちます。

また、「アスコルビン酸ナトリウム」や「トラネキサム酸」もメラニンの生成を抑える効果があり、シミや肝斑に有効です。

 

<肝斑>

 

肝斑のイメージイラスト

 

<参考記事>

シミを消す対策は、美白だけに頼らない紫外線対策と美容医療

肝斑は女性ホルモンの乱れが原因!シミとは違う予防や改善・治療法

 

3)ニキビが気になる時

ニキビが気になる場合も、エレクトロポレーションで「ビタミンC」を肌の深部まで導入すれば抗炎症作用や抗酸化作用によって改善可能です。ニキビだけでなく、ニキビ跡や色素沈着の改善もでき、透明感のある肌へと近づきます。

 

ニキビ発症のメカニズム

 

4)ハリやツヤのなさが気になる時

ハリやツヤ感の減少が気になる時は、エレクトロポレーションで「プラセンタ」を導入することで新陳代謝を高め、肌細胞の老化を防げます。また、塗るボトックスとも呼ばれる「アルジルリン」を導入すれば、表情じわを引き起こす筋肉の緊張を緩和させ、ハリ感がアップします。

 

5)乾燥が気になる時

加齢などによる乾燥が気になる時は、「ヒアルロン酸」を導入することで皮膚の保水能力が回復し、乾燥による小じわやたるみ、皮脂の過剰分泌などを改善できます。また、「プラセンタ」も肌の真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成を促進してくれるため、保湿力アップが期待できます。

 

6)肌のごわつきや化粧ノリの悪さが気になる時

エレクトロポレーションで「ヒアルロン酸」を導入すると、肌の保水力や保湿力がアップし、乾燥による肌のごわつきやザラザラが改善して滑らかな肌に近づき、化粧ノリもよくなります。化粧ノリのよさは施術直後から実感しやすいため、大切なイベントなどの予定前にもおすすめです。

 

7)レーザーなどほかの施術とセットで行うのも効果的!

エレクトロポレーションは単体でも十分効果を発揮しますが、ほかの治療と組み合わせることでさらに相乗効果が期待できます。

たとえば、レーザートーニングとセットで行うとシミや肝斑の改善効果がアップし、ケミカルピーリングと組み合わせれば、剥がれた角質が除去された状態で美容成分を導入できるため、より高い効果を発揮します。

 

<参考記事>

レーザートーニングの毛穴への効果は?回数やダウンタイムについても解説

ケミカルピーリングの効果はいつから?ニキビ跡や毛穴にも効果ある?

 

7.エレクトロポレーションの施術料金の目安|使用する美容成分により料金は変化

エレクトロポレーションの施術料金は、美容クリニックで異なります。また、導入する薬剤の種類によって異なります。料金の大まかな目安は1回10,000円〜20,000円程度ですが、詳しくは、クリニックのホームページやカウンセリング時に確認するようにしてください。

しっかりと効果を実感するためには5回ほど繰り返しの施術が必要なため、トータルで50,000円~100,000円ほどかかるケースが多くなっています。



8.エレクトロポレーションの施術の流れ

実際にエレクトロポレーションの施術を行う際の流れをご紹介します。

そのまえに、メールやLINE、電話など美容クリニックが用意している手段で予約しましょう。

エレクトロポレーションは、比較的簡単な治療なため、初めての受診でもその場で施術を受けることが可能です。

 

1)カウンセリング・診察

はじめに、肌の悩みや要望について、医師とカウンセリングを行います。費用も含めて、不安なこと、不明なことがあれば、医師に聞くようにしてください。

 

2)導入薬剤を塗布する

肌の診察を終えた後、メイクや汚れを落とすために洗顔またはクレンジングを行います。

その後、エレクトロポレーションを行うため、肌に導入剤を塗布します。

 

3)エレクトロポレーションの施術

エレクトロポレーションの施術をします。施術中に、肌にしびれのような感覚や違和感がある場合は、すぐに申し出るようにしてください。施術時間は準備も含めて、約20~30分です。

 

4)アフターケアについて

施術後に、化粧水などでお肌を整えて終了です。

ダウンタイムもないため、当日からメイクや洗顔が可能です。

効果をしっかり実感するためには、翌日以降も、優しい洗顔やクレンジング、保湿ケア、紫外線対策が大切です。

 

9.エレクトロポレーションについてのよくある質問

 

Q1.エレクトロポレーションの施術を受けられない場合はありますか?

  • 妊娠中、授乳中の方
  • ペースメーカーなどをご使用の方
  • 内蔵型補聴器をご使用の方
  • 金属類(金属系の糸含む)や機械類を内蔵している方

 

などは施術を受けることができません。

 

Q2.目の周りも治療できますか?

エレクトロポレーションは刺激がなく、ダウンタイムもない治療のため、皮膚の薄い目の周りも施術が可能です。

 

Q3.メソセラピーとの違いは何でしょうか?

メソセラピーとエレクトロポレーションは目的が違う治療です。

メソセラピーとは、1952年にフランスで開発された治療法で、薬剤を皮下に注射することにより効果を得ようとする方法の総称で、主に瘦身治療やAGA治療に使われます。

実際に針を使うので、痛みや針跡が残ることがあります。

一方、エレクトロポレーションは無針メソセラピーと呼ばれ、痛みや針跡の心配はほとんどありません。

 

Q4.エレクトロポレーションはニキビにも効果がありますか?

ニキビの炎症を抑え、皮膚細胞のイオンバランスを整えてターンオーバーを促すグリシルグリシンやビタミンCをエレクトロポレーションで導入することで、ニキビを効果的に改善できます。また、皮脂分泌を正常化するので、脂性肌(オイリー肌)や毛穴の開きの改善にも効果的です。

 

Q5.ヒアルロン酸を注入していますが、施術は可能ですか?

ヒアルロン酸の注入直後でなければ、エレクトロポレーションの施術は可能です。

また、ボトックス注射の場合も同じで、施術が可能です。

 

Q6.エレクトロポレーションとメソアクティスはどう違うのでしょうか?

メソアクティスとは、イタリアで開発されたエレクトロポレーションを行うことができる医療機器のことです。

つまり、エレクトロポレーションは施術名で、メソアクティスはそのための機器です。

非常に高価ですが、文献も多数発表されており信頼性が高医療機器です。

イオン導入との比較で70 倍、通常の塗布との比較では300 倍もの浸透力があるといわれています。

 

<参考記事>

メソアクティスとは?効果や値段、体験者の口コミを紹介

 

10.まとめ

エレクトロポレーションの施術の特徴をはじめ、効果やメリットからデメリットまで解説しました。また、よく似た施術であるイオン導入との違いにも触れました。

いかがだったでしょうか。

エレクトロポレーションは、特殊な電流を使って皮膚の細胞膜に隙間をつくり、肌の深部まで美容成分を浸透させることができます。そのため、今まで注射を使った治療でしか導入できなかった高分子(分子量が大きい)の有効成分も導入できます。だから、エレクトロポレーションの施術では化粧品やイオン導入に比べて肌の奥深くまで美容成分が届くため、さまざまな美肌効果を実感できます。

また、針を使わないため痛みやダウンタイムがほとんどなく、いつでも気軽に受けやすいのが大きな魅力です。

さらに、使用する美容液によって異なる効果が得られるため、毛穴の開きやシミ、ニキビ、ごわつきなど、さまざまな肌悩みに合わせた施術が可能です。レーザー治療やピーリングなどのほかの治療との併用もできるので、複数の施術を組み合わせることで相乗効果が期待できます。

それでも、痛みや赤みのリスクや、1回では効果を実感できない場合などのデメリットもあります。施術を受ける際には、その点もしっかり理解しておきましょう。

この記事が、エレクトロポレーションに興味がある方、施術を検討している方のお役に立てば幸いです。